狛犬を使用した俳句

狛犬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

狛犬を含む俳句例

金襴を纒ふ狛犬初戎/野村浩之

狛犬を葭簀の中に年の市/青邨

市神の狛犬に角木下闇/田中英子

狛犬の金歯赫々木下闇/河野静雲

狛犬の走つてゆけり青嵐/小島健

狛犬に犬を預けて盆踊/平上昌子

狼の眼の狛犬や山始/鳥居雨路子

山法師狛犬古りし結願寺/我部敬子

狛犬の口の中なる蝉の殻/國守セツ

秋風や狛犬白き美保神社/板谷芳浄

狛犬の金目うつろや神無月/仲澤輝子

狛犬の相寄らぬまゝ冬の暮/川崎展宏

狛犬に乳房が六つ山眠る/仙/とよえ

狛犬に木三本づつの雪囲ひ/川崎展宏

狛犬の口の奥まで残暑かな/渡辺初雄

狛犬の吽の口あく木下闇/友塚紀美恵

狛犬の口に溜まりし寒の雨/岡田久慧

狛犬の阿吽を抜ける西東忌/森田智子

狛犬の首に真青な注連飾/藤本安騎生

狛犬の片足折れぬ神の留守/正岡子規

俳句例:21句目~

狛犬の仔は石気取り松の花/加藤あきと

狛犬の頭に苔知恵の文殊堂/八木三日女

狛犬の光る眼と合ひ初不動/室田東洋女

狛犬や碓氷の神のしぐれける/川崎展宏

狛犬の口より出でし石竜かな/巌谷小波

狛犬の台座もろとも苔の花/小野寺順子

狛犬の渦のたてがみ青あらし/清水白郎

狛犬の爪に立てかけ青写真/武田無涯子

狛犬は網かぶせられゐて灼くる/頼経嘉子

狛犬もよそよそしかりみな猛暑/丸山佳子

狛犬も邪鬼と睦むや雪囲して/文挟夫佐恵

狛犬にテント結はへしラムネ売り/森重夫

狛犬にそびらの虚空のぞかるる/林田紀音夫

柿の浮力狛犬いちにち足そろふ/磯貝碧蹄館

春の狛犬にさはりたがりしかな/夏井いつき

狛犬の阿の口子蜘蛛出るわ出るわ/松山足羽

狛犬の玉を踏みたる薄暑光/長谷川久々子「花香」

タイトルとURLをコピーしました