陶土を使用した俳句

陶土に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

陶土を含む俳句例

陶土打つ杵の谺や谷紅葉/渡部勝雄

残雪を刎ね篁の陶土掘る/西本一都

燕は砥部の陶土はこびけり/龍岡晋

落葉聴く豊頬陶土観世音/水原秋櫻子

陶土とる残照の崖柿たわわ/加藤耕子

鉄山の木の芽明りに陶土掘る/原天明

針金で陶土切り分け燈火親し/辻桃子

陶土を田より切り出す梅の花/長谷川櫂

ねじり切る陶土冷たし半夏生/梅田/葵

陶土搗く唐臼やすむ蓮如の忌/羽田岳水

陶土練る菊は蕾を固くして/鈴木真砂女

養花天陶土に掛けて濡れ布巾/宮坂静生

夢托す陶土粘る手に汗にじむ/飯村周子

工房に盛られし陶土年明くる/島美代子

手轆轤に陶土を回し鳥帰る/布施まさ子

皸のなき手を見せて陶土練る/稲畑汀子

皿燗瓶急須に乾き秋の陶土/文挟夫佐恵

萩すがれ陶土汚れのしてゐたる/森重昭

陶土に生る涼しき渦の轆轤工/鈴木鷹夫

やはらかに陶土練りこむ春の月/新庄八重

俳句例:21句目~

冬歩み来るがごとくに陶土搗く/岸原清行

初時雨ありしも知らず陶土練る/山田弘子

春の夜の指にしたがふ陶土かな/阪本謙二

干してある陶土凍どけ始めけり/本田菁爽

陶土掘る空梅雨の山さらけ出し/山元湖村

陶土浸く甕に螻蛄の子泳ぎをり/井上久枝

陶土練る土間の暗きも秋風裡/鈴木真砂女

陶土練る小手先秋の陰を生む/鈴木真砂女

陶土練る手を休めては鳴子引く/石川文子

こほろぎや陶土眠らす地下倉庫/ふけとしこ

草の花陶土まみれに咲くもよし/鈴木真砂女

父祖の陶土沈めて瀬戸の水遅日/文挟夫佐恵

轆轤離れて寒気に締まる陶土の鉢/加藤知世子

茶の花の手ざはりほどに陶土捏る/加藤知世子

踊花をどりづめなり陶土搗く/西村草生「かつらぎ選集」

タイトルとURLをコピーしました