永久を使用した俳句

永久に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

永久を含む俳句例

鉛筆は永久の道連れ雪催/清水径子

蜩や永久にと書きし金字かも/林翔

白露や永久に聖の御跡と/河野静雲

唯一の玉音放送永久に盆/白石不舎

夏萩や正岡子規の不在永久/岩永佐保

貧は永久雨のち桜満開で/松田ひろむ

蔵壁は永久の真白さ梅の花/高澤良一

花の昼永久の眠りの糸車/成瀬櫻桃子

紅梅へ小倉詰襟永久に急ぎ/熊谷愛子

島人の永久に掬むべき泉かな/上野泰

年は逝く永久の処女は画の中に/林翔

一閃を永久につたへて原爆忌/蔦三郎

曲水や春の日永久に落つ勿れ/原月舟

井水汲む永久運動牛と少年/伊丹公子

新緑の血潮を永久に龍馬像/渡辺恭子

猫遊軒伯知先生髯日永/久保田万太郎

永久の喪の母ごころけふ二日/及川貞

初雪や石の寡黙は永久のまま/上村占

殉教祭永久の若さに四郎像/上野玲子

夏帽子時間表など永久の旅/河野扶美

俳句例:21句目~

秘してこそ永久の純愛鳥渡る/佐藤鬼房

梅雨漠々かの書や永久に戻らざり/林翔

永久に来ぬ人待つ渡頭秋の暮/福田蓼汀

永久に若き夏山姿供華に埋れ/福田蓼汀

牛乳の膜こそ永久に不滅なれ/攝津幸彦

さし湯して永久に父なる肉醤/三橋敏雄

獄の外堀永久に埋らじ今寒流/香西照雄

秋風や永久に怒れる有珠二岳/遠藤梧逸

空は永久の地色藪を背に紅葉/香西照雄

聖五月永久に三十路の原節子/中川岱子

鎌倉の花に永久なる忌日あり/須藤常央

仁王永久に青春の貌山の虻/大峯あきら

兄姉は永久にあにあね霜の声/栗林千津

冬の菊手向けて永久の別れかな/施春香

雁行きぬ星辰永久に東より/渡邊千枝子

我永久に遺す硯を洗ひけり/深川正一郎

時計うれし夜長の永久を刻む音/原石鼎

枯園でなくした鈴よ永久に鈴/池田澄子

はまなすや裸婦像永久に妊らず/桜庭梵子

春の雁永久に啼くべき声おとす/萩原麦草

俳句例:41句目~

柿四とせ遺影は永久に若き笑み/中島斌男

雛忌と呼ばれて永久に美しく/今井つる女

青葉木菟灯下に永久に軍服立つ/熊谷愛子

母永久に胸に在すなりなづながゆ/及川貞

一茶墓碑四季の妙高山永久に前/河野静雲

七夕や別れに永久とかりそめと/鷹羽狩行

山は永久に聖し顎出し働くわれ/細谷源二

枯野星家路は永久に北を指し/馬場移公子

命断てば永久の若さの春の星/野見山朱鳥

死は永久や老は暫く石蕗の花/殿村菟絲子

邯鄲や永久の眠りにつくもよし/高畑信子

夏草を永久に食みゐる牛ひとつ/藤岡筑邨

無花果や永久に貧しき使徒の裔/景山筍吉

春永久やいつ昇り来居雲の梯/松根東洋城

春哀しその徴笑は永久なれば/久保田万太郎

母永久に留守の離室や梅雨しとど/吉屋信子

春うらら永久にやすらぎ得し人ら/河野静雲

秋の字に永久に棲む火やきのこ雲/三橋敏雄

菜殻火に永久にかなしき星一つ/野見山朱鳥

童顔の永久にあはれや茅舎の忌/松本たかし

俳句例:61句目~

御船つき場永久に洗へる秋の波/鈴鹿野風呂

永久に拭く汗の貌ともおもへりき/高澤良一

露の世の永久の契りといふをいま/山田弘子

うつしゑの永久に若かり室の花/阿部みどり女

子の瞳の中の吾も夏空も永久なれよ/香西照雄

永久にます天女や蝉声張り通し/鍵和田ゆう子

「永久治癒」紅き葉ひと葉栞りけり/平井さち子

あめりかの去年の水着を永久に畳む/殿村菟絲子

永久ノ喪中ノ毛ノ国ノ毛ノ山ノ毛ノ人/夏石番矢

夜御殿は永久の夜なるほととぎす/鍵和田ゆう子

おーいおーいと永久にあなたを呼ぶ山彦/池田澄子

永久に半面を見せない月の顔見ほれる/荻原井泉水

わだつみの永久のさみしさあきつとぶ/野見山ひふみ

除夜の鐘二人で聴きし歳月よ永久という語を疑いもせず/俵万智

終りなき愛執かとも怖れつつ相見し日日も永久に過ぎたり/三國玲子

少年のいちずなる目を焦したる金環蝕/のちの永久の焚口/米満英男

不死を病み永久癒ゆる無き汝に獻る須臾にし腐る飯と酒とを/高橋睦郎

亡きがらを一夜抱いて寝しこともなほ飽き足らず永久に思はむ/島木赤彦

タイトルとURLをコピーしました