毛越寺を使用した俳句

毛越寺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

毛越寺を含む俳句例

星合の浮舟ふたつ毛越寺/古島恒子

松蝉や祭過ぎたる毛越寺/遠藤梧逸

遺水に山桜散る毛越寺/降幡加代子

金鶏山より毛越寺に秋の水/辻桃子

夏草のかげの礎石にたちくらみ/原裕

毛越寺僧の足型か菖蒲田に/沢木欣一

毛越寺飯に蝿くる嬉しさよ/金子兜太

秋の雲はやし毛越寺跡の池/川崎展宏

空蝉や山の日照雨の毛越寺/皆川盤水

萩刈のまた一人出て毛越寺/斉藤夏風

落葉けぶらせ毛越寺の寺男/皆川白陀

ここらまで毛越寺領花南瓜/菅原多つを

中尊寺毛越寺のみな冬夜かな/尾崎迷堂

毛越寺へ馬車の鈴鳴る花桜桃/中田幸子

草餅の黄な粉をこぼす毛越寺/細見綾子

毛越寺まで尚五里といふ桃の花/小川芋銭

毛越寺復原図中もさみだるる/小檜山繁子

涼しさや礎石ばかりの毛越寺/遠藤若狭男

毛越寺たそがれてゆくすみれかな/仙田洋子

誰もゐぬ毛越寺に夏惜しみけり/市野沢弘子

俳句例:21句目~

旅人に雨の黄あやめ毛越寺/高野素十「野花集」

タイトルとURLをコピーしました