悲鳴を使用した俳句

悲鳴に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

悲鳴を含む俳句例

夏山に一瞬猿の悲鳴かな/内野修

祭笛悲鳴のごとし雨を衝き/遷子

穴釣や風の悲鳴に耳ふさぎ/堀口星眠

近松忌按摩のそこが悲鳴壺/丸山海道

猿酒に溺れし僧の悲鳴かな/市堀玉宗

霜旦の鶏鳴悲鳴にも似たり/宮津昭彦

芋虫の動きて悲鳴あがりけり/高浜朋子

かづら橋渡る悲鳴も秋の声/松倉ゆずる

芋虫も悲鳴も大きかりしかな/河野美奇

遠楡に百舌鳥の悲鳴や昼寝覚/堀口星眠

釘抜けば悲鳴をあげぬ鵙日和/高澤良一

嘶きの悲鳴に似たる八重桜/岩淵喜代子

夕空の悲鳴のはじめ大公孫樹/久保純夫

夕顔の悲鳴をあげて咲きにけり/穴井太

夜盗虫草の悲鳴が聞こえるよ/沖/和子

山焼や岩の悲鳴がひた走る/笹本カホル

悲鳴一つ西へながれて天の川/酒井弘司

飛び込みに水の悲鳴や初稽古/長塚京子

狗悲鳴寒夜の奥にころがりぬ/三好達治

コップに入り残り蚊悲鳴棺の姉/香西照雄

俳句例:21句目~

母が来て悲鳴投げこむ野の裂傷/江里昭彦

親鳥の子を取られたる悲鳴かな/正岡子規

誰かまた銀河に溺るる一悲鳴/河原枇杷男

囀りの時に悲鳴や出家とは/鍵和田ゆう子

森を出づ母の悲鳴を聞くために/齋藤愼爾

さくらんぼ悲鳴のやうなアリアかな/辻桃子

海からの悲鳴がわたる麦は穂に/八木原祐計

芹摘むや姫の悲鳴はそれとして/高山れおな

日向ぼこ影の発する棒状悲鳴/野ざらし延男

ピーポーあれは私の悲鳴ノコギリ草/成田輝子

悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし/波多野爽波

夜の悲鳴罠にかかりし猪ならむ/細見しゆこう

何抱きしや闇のこがらし悲鳴あぐ/河原枇杷男

「坐りこみ」草穂抜くにも悲鳴かすか/香西照雄

石狩空知後志地方悲鳴のごとく凍りけり/櫂未知子

タイトルとURLをコピーしました