南国を使用した俳句

南国に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

南国を含む俳句例

南国の太陽微塵青葉潮/吉原文音

南国の雨大粒に仏桑花/高橋悦男

南国忌厨に匂ふ薩摩汁/土田澪子

南国のこの痩せぎすの初雀/日原傳

南国の旅へ用意の春日傘/稲畑汀子

南国ののやさしき大師粥/門屋和子

南国は馬上に仰ぐ木芙蓉哉/森鴎外

南国のこの早熟の青貝よ/富澤赤黄男

南国のこの早熟な青貝よ/富澤赤黄男

南国の五月はたのし花朱欒/杉田久女

南国の土佐の生節太かりし/橋本道子

南国の山火事ひたにひろがれり/原裕

南国の旅に夜濯欠かすなく/河野石嶺

南国の果実をならべ店五月/岩崎照子

春昼を睡る南国の巻貝と/中戸川朝人

植田見しより南国の旅人に/稲畑汀子

脛長き南国の木々風薫る/小坂かしを

逃げず打たれず南国の油虫/品川鈴子

南国の日に蕩らされぬ揚雲雀/後藤綾子

南国の日陰むらさき白牡丹/中戸川朝人

俳句例:21句目~

南国の猪口はおほぶり新走/高橋ツトミ

南国の雷雨をもつて城隠す/佐野まもる

白南風や南国の船来てゐたる/鈴木方子

秋惜しむかに南国の雨晴れて/稲畑汀子

南国に死して御恩のみなみかぜ/攝津幸彦

南国の志摩菰巻かぬ蘇鉄立つ/山口波津女

南国の熔岩に末枯れゆくものと/稲畑汀子

土佐みづき南国の雨ひかり降る/細井みち

マンゴーに南国の宴果てにけり/稲畑廣太郎

南国の石蕗の黄いろのあたゝかく/高橋淡路女

タイトルとURLをコピーしました