沙弥を使用した俳句

沙弥に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

沙弥を含む俳句例

冬の夜の遠き厠や狸沙弥/田山耕村

灌仏や捨子すなはち寺の沙弥/キ角

沙弥総出して大沢の池普請/森孝子

律師沙弥相剃をして月見哉/榎本其角

橋脚を支ふ沙弥島松の花/松内多喜栄

沙弥が刷る歳徳神も年用意/河野静雲

沙弥運ぶ位牌のかずや煤払/角谷微尾

紅梅や樽に米研ぐ醜の沙弥/石塚友二

銭湯へ沙弥の連れ立つ出開帳/静良夜

酒買ひに韋駄天走り時雨沙弥/川端茅舎

行秋や大きうなりて沙弥幾つ/村上鬼城

煤掃の沙弥の目鼻や笑ひけり/皆川白陀

秋刀焼くひそ~話沙弥たのし/河野静雲

露散るや提灯ひくゝ案内沙弥/辻本青塔

沙弥の声吾に似て来し灌仏偈/空月庵三雨

沙弥の頃炭つがされし炭をつぐ/山口笙堂

沙弥律師ころりころりとふすまかな/蕪村

面つけて沙弥とは見えぬ寒稽古/中村草哉

百僧のなかの沙弥とし嵯峨念仏/毛笠静風

紅葉寺友欲り顔の沙弥ひとり/文挟夫佐恵

俳句例:21句目~

納屋裏に沙弥の囮の見つかりし/足利紫城

蟻地獄見てゐる沙弥のまだ拗ねて/静良夜

団扇撒沙弥も諸手に受くるかな/田中英子

寺の繭抱へて沙弥の売りに来し/大迫洋角

涅槃図にひとり経あげ沙弥去れり/大橋敦子

瓢の笛吹きて持て成す坊の沙弥/岡田波流夫

蓮如忌や沙弥が出て曳く飾り牛/小笠原和男

蚰蜒落ちて沙弥あらはれし太柱/島村元句集

沙弥つれて障子洗へる尼ぜかな/川上土司夫

着ぶくれの起居見かねて沙弥の助/梅山香子

沙弥ら葛水をする盗み出して砂糖壺/喜谷六花

威儀の沙弥一文字に坐し御慶かな/獅子谷如是

火山寺の鉦守る秋の沙弥一人/吉武月二郎句集

灯涼し並べる沙弥の頭は剃り立て/長谷川かな女

沙弥を咬む蟻をひねってしまひけり/阿波野青畝

タイトルとURLをコピーしました