節穴を使用した俳句

節穴に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

節穴を含む俳句例

戸袋の節穴ほどの蝸牛/田中美沙

節穴を来る逆様の春景色/三橋敏雄

行水や戸の節穴も恥しく/野村喜舟

団子売る店節穴に目貼して/川村甚七

天高し節穴あれば覗きけり/内田美紗

節穴をふさぎし指の一大事/久保純夫

初明り嬉々と節穴多き戸よ/松崎鉄之介

戸袋に小さき節穴神の留守/栗山よし子

病みしこのかたの天井の節穴/大橋裸木

節穴の冬日玉なす酒母に射す/桂樟蹊子

節穴がうごめくころに家暮れる/坪内稔典

節穴はいつものところ柊挿す/中島八州央

冬が来ていた/塀の節穴覗いたら/中島砂穂

節穴がぼつかぼつかと咳のあと/八木三日女

節穴にあつまり春を待つものら/津沢マサ子

節穴の日が風邪の子の頬にありて/竹下しづの女

タイトルとURLをコピーしました