大橋を使用した俳句

大橋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

大橋を含む俳句例

大橋や群衆の中の燕/正岡子規

花散るや佃大橋東詰/斉藤夏風

秋晴や宇治の大橋横たはり/風生

初髪を抑へ大橋渡り来る/堤京子

初鴉佃大橋砥のごとく/永井龍男

渡るなり大橋ように雁の声/幽山

白象が大橋渡る花まつり/前田圭史

大橋の裏に蝶飛ぶ日和哉/正岡子規

雲水に四条大橋冬来たる/岩崎照子

宿ぞあやめ伽羅の大橋酒の池/露浩

山眠る四条大橋渡りけり/都筑智子

御降りの四条大橋渡りけり/羽成翔

春潮の瀬戸の大橋茜さす/富田たけ

残火棄つ初東雲の大橋に/落合水尾

瀬戸内をまたぐ大橋月朧/中田文子

借り傘や松江大橋秋時雨/松根東洋城

大橋がありて小橋の鵙日和/綾部仁喜

大橋の下かげを飛ぶ蝶々哉/内田百間

大橋の影落つところ冷し馬/磯野充伯

大橋の数の外なる橋納涼/荻原井泉水

俳句例:21句目~

大橋の長さをはかる乙鳥哉/正岡子規

山国の大橋日脚伸びにけり/中島克巳

寒燈や松江大橋雪降るらむ/林原耒井

大橋の潮の早さや火事遠し/大場白水郎

月うつる加茂大橋の宵祭/長谷川かな女

瑞穂田へ大橋けふの空をもつ/成田千空

大橋のゆきかひはなれ揚花火/鈴鹿野風呂

富士見えて勢田の大橋春の風/鹿間松濤楼

大橋を恵方へ渡り詣りけり/長谷川かな女

山笠走る中洲大橋地ひびきす/梅津トシ子

弧となつて大橋架かる蕪村の忌/広瀬直人

大橋をわたる間降るや月の雨/大場白水郎

蜜柑熟る瀬戸の大橋かかる島/宮本夕起子

千住大橋すなはち蝶の別れかな/鍵和田ゆう子

きさらぎ子が生れ千住大橋ずつと大きい/中塚一碧樓

すでに空ラ稲架のあり松江大橋の見えて/廣江八重櫻

大橋や鑓もちどのゝ迹の雁/一茶/文化七年庚午

タイトルとURLをコピーしました