床下を使用した俳句

床下に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

床下を含む俳句例

床下に丹波大甕能始/福永法弘

床下に空瓶乾く鮎の宿/桂信子

床下を色鯉の水京の宿/桂信子

床下はなづな花咲く能舞台/林徹

夏料理床下を水走らしめ/川村紫陽

大花火床下の蛇跼むころ/赤尾兜子

床下に茸狩の籠ころげあり/辻桃子

床下に枯野続けり能舞台/澤木欣一

床下に虫啼き微笑円空像/西村公鳳

床下に祭の材と蟻地獄/丹間美智子

床下の地蜂の穴に秋の風/長谷川櫂

床下を早稲の香くぐる能舞台/柏禎

本堂の床下くゞり萱運ぶ/高浜虚子

池水を床下に引き花御堂/綾部仁喜

床下に舟をつなぎぬ水の秋/長谷川櫂

床下に捨て犬の鳴く冬の暮/富田木歩

床下に狐狸天井に蛇棲ませ/村松紅花

床下の蕗のそよぎや秋の風/会津八一

床下も海辺のちちろいつしんに/槐太

床下を吹き抜く風や秋掃除/青山松樹

俳句例:21句目~

校倉の床下に臥て夕鹿の子/下村槐太

百姓の床下暗く昼寝せり/榎本冬一郎

薩摩屋敷床下高し年木積む/大立しづ

蟻地獄群るる病者の床下に/石田波郷

室生寺の床下にして蟻地獄/瀧澤伊代次

校葬のおとうと銀河が床下に/西川徹郎

床下に兎飼ふ家の初日かな/岡本癖三酔

床下に洋酒ねむれる梅雨厨/松原とく子

床下に緋鯉を飼つて鯉屋敷/前田まさを

床下のひろびろとして万燈会/田中英子

銀河暗し床下に茄子一夜漬け/宮坂静生

鐘氷る夜床下にうなる金の精/正岡子規

床下を風吹きぬくや石蕗の花/岡本癖三酔

床下に生きものゐるや風邪癒えず/山口誓子

薪を焚く床下知れり蚕屋の主/長谷川かな女

床下を干してやんまと馴染みけり/永井龍男

床下に入りしくちなわ気にかかる/中松みきゑ

床下に雨夜の蛙鳴いて賃仕事にせいだす/大橋裸木

タイトルとURLをコピーしました