川舟を使用した俳句

川舟に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

川舟を含む俳句例

川舟や花火の夜も花火売/一茶

最上川船の難所も月朧/竹本青苑

川舟の窓を掠むる燕哉/正岡子規

川舟やこたつしこみて年忘/成美

川船の月暗ければ水匂ふ/太田鴻村

川舟に落葉日のさき衰へし/上村占

川舟に鮭並べ売る大石田/日守むめ

川舟の上を越え行く燕哉/正岡子規

川舟の急流のこゑ初紅葉/鈴木鷹夫

川船や陽炎のせて三十里/正岡子規

盆過ぎや朽川舟の荵草/中村草田男

都鳥あそぶ川舟にも国旗/加倉井秋を

杏咲くとき川舟の下りけり/石原八束

川舟の菊焚く炎みてとほる/斉藤夏風

川舟や木槿の垣根菊の背戸/正岡子規

川船に別れはありぬ都鳥/深川正一郎

川舟の陸上げされて下り簗/羽吹利夫

芋の葉や杖をねかせて川舟に/上村占

川舟の戻る入江に鳰鳴けり/長谷川草洲

川舟の竹のせてゐる小春かな/伊東睦子

俳句例:21句目~

川舟へ臭木花咲く坂よけれ/波多野爽波

川舟を繰り出して行く御開帳/茨木和生

川船のギイとまがるやよし雀/高浜虚子

川船の波よせてくる真菰かな/小林蛍二

帆張れる川舟萌ゆる木の芽哉/滝井孝作

川舟で菜種蒔く娘に灯りけり/富永花鳥

川舟に立ち神の旅仰がるる/吉本伊智朗

川船やひばり鳴きたつ右ひだり/高桑闌更

川舟の竿しなひけり千草の穂/秋山百合子

川舟の午餉もやひや山さくら/楠目橙黄子

川舟の荷もなく戻る夕霞/いのうえかつこ

おくんちのことし川船麹屋町/山崎あきら

急ぎ荷を積んで川舟氷りけり/菅原師竹句集

川舟で来てねんごろに墓洗ふ/五十嵐唐辛子

川舟を揚げし長さのしぐれたり/鍵和田ゆう子

行きゆき川舟なによりも散調のこと/阿部完市

川舟の行くけはひある夜番かな/五十崎古郷句集

タイトルとURLをコピーしました