蒼天を使用した俳句

蒼天に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

蒼天を含む俳句例

蒼天に髻とけし相撲かな/石鼎

蒼天の一刷の雲冬嵐/飯田蛇笏

冬耕や蒼天の富士全かり/佐田栲

蒼天に鷹の帆翔斑雪村/佐藤国夫

蒼天に鳶を放てる雪解かな/不破博

毛虫焼き蒼天戻る枝の先/北村典子

花辛夷蒼天ゆふべ茜さし/福田蓼汀

蒼天と碧海にのみ居る鯨/久米正雄

蒼天をゆきつつ雲も氷る山/太田嗟

蒼天を涵し氷湖の罅深し/木村蕪城

雪解村蒼天もまた滴れり/佐藤国夫

一枚の蒼天傾ぎ枯野と逢ふ/福田蓼汀

兵の子の凧蒼天へ糸張れり/細谷源二

蒼天に道あるごとし花吹雪/三嶋隆英

蒼天に氷れる滝の裸身めき/佐野美智

新築や蒼天上在二○○○年/駒走鷹志

臘梅を剪る蒼天に梯子架け/堀口星眠

蒼天へ積む採氷の稜ただし/木村蕪城

蒼天は吹雪のひまに移りをり/有働亨

蒼天の槍若芝に落ちて立つ/岸風三楼

俳句例:21句目~

蒼天の夢を淋漓と筆始め/すずき波浪

蒼天の凍らんとして鷹翔る/渡邊水巴

莨一本蒼天の余寒来りけり/中島月笠

蒼天に雲消ゆ雪嶺離りては/岡田日郎

蒼天を来る~蜂の武者修業/中島月笠

蒼天や舌出す凧の三番叟/水原秋櫻子

蝉の尿無味無臭にして蒼天/高澤良一

雪晴れの蒼天は智に鏡なす/飯田蛇笏

蒼天の夜へつづけり愛と辛夷/久保純夫

蒼天へつづく尾根尾根植樹祭/木村蕪城

冬の橋うかぶ蒼天華麗にて/柴田白葉女

蒼天や父に尋ねる火のゆくえ/大西泰世

完泳の子等蒼天に立ちあがる/落合水尾

蒼天や芙蓉はさらに身に近き/渡邊水巴

柘榴の実蒼天に爆ぜ武家屋敷/水原春郎

蒼天や一夫あることのみ悲し/大西泰世

湖冴ゆる夜の蒼天へ風奔り/鷲谷七菜子

蒼天下冬咲く花は佐久になし/相馬遷子

蒼天に桐の蕾のみな立てり/川端恵美子

蒼天に触れんと雪に来し山ぞ/福田蓼汀

俳句例:41句目~

蒼天に枝つきぬけて桃の花/畑井すみえ

鵙飛んで枝蒼天につきささる/内藤吐天

蒼天に冬芽満ちつつ山枯れたり/相馬遷子

蒼天に金きらきらの秋の田の/池上浩山人

蒼天を切つて釣りあぐ鯊小さし/鈴木松山

枯木見て立つ蒼天に身をひたし/相馬遷子

蒼天の暮れてもあをし返り花/渡邊千枝子

雪晴れて蒼天落つるしづくかな/前田普羅

梯子乗蒼天ひびきはじめけり/小野恵美子

蒼天に山芋の枯れすすむなり/伊藤いと子

蒼天のキンキンと鳴る釘をうつ/富澤赤黄男

茅枯れてみづがき山は蒼天に入る/前田普羅

蒼天に浪くだけゐるとんどかな/大峯あきら

蒼天より八ッ手をたたくあられくる/細谷源二

水鶏ゆくや蒼天ふかみ照りもせず/日夏耿之介

生まれくる蒼天昨夜へはせゆく霧/赤城さかえ句集

タイトルとURLをコピーしました