雨傘を使用した俳句

雨傘に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雨傘を含む俳句例

夏草は虫の日傘よ雨傘よ/野良

用心の雨傘花冷つゞくなり/貞

雨傘も幟も静か労働祭/高道章

雨傘を横に払うて親鸞忌/桂信子

十月に近し男の雨傘も/神尾久美子

花菜雨傘が重たき子が帰る/関成美

すれちがう雨傘朝から♂と♀/前川剛

雨傘の翳から陰へ加齢かな/永末恵子

萩の雨傘をながれて美しく/丹冶蕪人

天気図にずらり雨傘一葉忌/川村紫陽

葭切や雨傘ひらくまでもなし/桂信子

雨傘の赤青黒黄核の時代/鈴木六林男

雨傘を余分の荷とし螢追ふ/津田清子

雨傘の陰から陰へ加齢かな/永末恵子

雨傘を餘分の荷とし螢追ふ/津田清子

振りひらく雨傘黐がもう咲いて/岡本眸

植樹祭雨傘のなかよく晴れて/杉野一博

萩の雨傘さして庭一廻り/中村吉右衛門

雨傘のたたまれて来し虫の宿/後藤夜半

雨傘のへし合ふ三社祭かな/八木林之介

俳句例:21句目~

雨傘をはみだす両肩十二月/安田くにえ

雨傘をばりんと開く柿若葉/小島千架子

雨傘を差してあるけば荒音村/竹本健司

たくさんの雨傘囲む遺体かな/佐藤康二

外湯まで雨傘さして半夏寒む/清水基吉

鱧のあと雨傘借りて戻りけり/渡辺鶴来

雨傘よ父は笑みつつ折れ曲る/宇多喜代子

雨傘のなか笹鳴をききとめて/神尾久美子

雨傘のたのしき少女からすうり/細川加賀

雨傘にひとひらの花おもしおもし/穴井太

雨傘の荷とはなりにし曼珠沙華/石塚友二

雨傘にこぼるる垣のむかごかな/室生犀星

雨傘握る九月ピカソの絵の前も/百崎左人

茅花流し母に雨傘もういらぬ/古賀まり子

黄の青の赤の雨傘誰から死ぬ/林田紀音夫

無花果をくふ雨傘をさしながら/廣江八重櫻

田植季わが雨傘もみどりなす/橋本多佳子「信濃」

タイトルとURLをコピーしました