念珠を使用した俳句

念珠に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

念珠を含む俳句例

空海忌念珠貫く赤き紐/小澤實

囀りの念珠入れたる雑木山/澄雄

立冬の白波遠く念珠置く/桂信子

水晶の念珠に映る若葉かな/茅舎

母の日の懐中におく念珠かな/原裕

雪解雫念珠粒々石ぶみに/成田千空

かくし持つ念珠一連後の月/角川照子

さら~と琥珀の念珠彼岸僧/河野静雲

ふところに念珠一連山眠る/鈴木鷹夫

信心の懈怠の黴の念珠かな/景山筍吉

土筆摘む胸に念珠のボケ封じ/舘柳歩

寒禽の念珠つなぎの梢かな/高田秋仁

川狩や念珠みえたる爺の腰/綾部仁喜

清明の路ゆく媼が念珠かな/飯田蛇笏

月見能僧の押しもむ荒念珠/佐野美智

日盛の念珠懸けたる柱かな/松村蒼石

蛭蓆念珠忘れて来たりけり/関戸靖子

見残せし梅や莟を念珠とも/尾崎紅葉

青嵐海へせり出す念珠が関/田淵定人

体温を越えし念珠や虎落笛/鳥居美智子

俳句例:21句目~

念珠を越え海へ出でゐる鰯雲/関塚康夫

念珠買ふ甘茶を口に含みゐて/楠崎止子

梅もどき折るや念珠をかけながら/蕪村

水晶の念珠ふれたる昼寝覚め/中嶋秀子

網干木に念珠掛けあり晝蛙/下村ひろし

蟻の道念珠繰る如つゞくなり/塩田東邨

顔ばせに念珠をのせて昼寝僧/菅原独去

つづれさせ念珠一途に繰る如し/荒井正隆

刀自の手になまめく念珠蓮見舟/河野静雲

百日紅風に散りゐる念珠ヶ関/池内けい吾

花摘めばかげろふ袖の念珠かな/西島麦南

菩提樹の念珠に貰ふパワーかな/豊島靖子

さわさわと念珠づたいの渚あり/林田紀音夫

嶽澄めり死んでゆく日の念珠購ふ/つじ加代子

芽吹く枝に吊つて念珠の落しもの/大木あまり

菩提子をひろふ念珠に足らざれど/片山由美子

水晶の念珠つめたき大暑かな/日野草城「青芝」

タイトルとURLをコピーしました