非常口を使用した俳句

非常口に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

非常口を含む俳句例

幕裏に非常口あり菊人形/鎌田眞弘

年詰る廊の端なる非常口/白井爽風

薄氷をなめて猫くる非常口/石寒太

誰彼の余命や花の非常口/栗林千津

非常口昼も点りて冴返る/久川久枝

非常口灯る就寝蛇は穴に/篠田悦子

刈田へと明るく開く非常口/寺井谷子

夜濯やビルに灯れる非常口/樋口芦笛

流氷の岸につながる非常口/水口圭子

老鴬の谷へ通ずる非常口/後藤比奈夫

診に走る雪中赤き非常口/瀧澤伊代次

非常口小さすぎると冬将軍/丸山佳子

料峭の野に出づ宿の非常口/和田耕三郎

桜蘂降るそれだけの非常口/小泉八重子

蚯蚓鳴くあたりに非常口灯る/五島高資

非常口どこより出ても鳥雲に/対馬康子

非常口に緑の男いつも逃げ/田川飛旅子

非常口皿積みあげて馬肥ゆる/宮辺/潔

初富士のほのとありけり非常口/岩崎恒子

枯れ始むまでは開かない非常口/対馬康子

俳句例:21句目~

非常口ばかり目につく松の内/野村畝津子

かなぶんの叩くホテルの非常口/露口美穂子

たましいを抜かれバケツと非常口/鳴戸奈菜

はつなつの非常口よりピアノ出す/浦川聡子

真夏日や逃げても逃げても非常口/角川春樹

非常口より出でて夜桜見にゆかな/嶋田麻紀

タイトルとURLをコピーしました