雪道を使用した俳句

雪道に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雪道を含む俳句例

山一つかはり雪みち彼岸前/目

雪道や降誕祭の窓明り/杉田久女

英語へは二男三男雪道を/京極杞陽

雪路かな薪に狸折り添て/上島鬼貫

勤め母雪道走る誰見るとも/楠節子

蛍光の蒼き雪道末世なり/山口誓子

雪道を踏み帰りても雪の坊/上崎暮潮

雪道や背の児と母歌ひつつ/三宅句生

人踏まぬ雪道えらび初詣/白岩てい子

初午の神の雪道あけありし/福井みわ

雪道の夙に穢れし大試験/佐々木六戈

屋根よりも高き雪道節季市/滝沢鶯衣

我れ一人皆一人雪道をゆく/松尾美子

提灯の灯に雪道のもり上り/及川仙石

雪道の丘より町に続くなり/高木晴子

そろばんへ四男と五男雪道を/京極杞陽

人を恋ふごと雪道を踏み淋し/谷地海紅

根雪道ここで転けたら百年目/高澤良一

金星に照らされながら雪道を/京極杞陽

雪みちを雛箱かつぎ母の来る/室生犀生

俳句例:21句目~

雪道の雪をなだめて楮干す/佐藤美恵子

雪道をひたすらなもの橇の馬/細見綾子

雪道を来相知の鮨屋龍安寺道/橋本夢道

鬼打木雪道あけて立てられる/清水渓石

昼倦みて古雪道へながれ出づ/篠田悌二郎

十一面さんに雪道つけてあり/八木林之介

雪みちを二代目高尾の墓へつけ/高澤良一

雪道へ出るための雪掻きにけり/山本一歩

雪道や瞽女には杖といふ眼あり/竹下陶子

わが通るのみの雪道縷々と掻く/斎藤道子

雪みちをもどりし猫や春山家/大峯あきら

蘆生なる雪道ありき雪まみれ/新谷ひろし

とぼとぼと歩き力の要る雪道/五十嵐研三

雪道をつまづきがちに常ならず/八牧美喜子

雪道で歯が抜け落ちて夜叉になる/富岡和秀

雪道をひらきてくすし待たれ居り/金子伊昔紅

ゆるい鼻緒の下駄で雪道あるきつづける/尾崎放哉

タイトルとURLをコピーしました