漂泊を使用した俳句

漂泊に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

漂泊を含む俳句例

漂泊の越方や春の流れ雲/石塚友二

漂泊や北風の波退く潮仏/石原八束

漂泊といふこと人に鳥帰る/稲岡長

漂泊や秋風に置く一旅嚢/小林康治

秋の風ふと漂泊の山頭火/三輪雪子

箸を置く姿勢正しき漂泊者/曾根毅

漂泊の一生涯の花ぐもり/西本一都

頬赤の漂泊ゆける棚田の天/安西篤

斑尾に漂泊の雲一茶の忌/桑原晴子

漂泊の想ひ濃くなる事務始/乾燕子

初空やはや漂泊の雲浮かべ/宇咲冬男

大年の顔剃って更に漂泊う/三井重子

漂泊も隠栖もゆめ浅蜊喰ふ/藤田湘子

漂泊の果ての奥つ城草の花/山崎房子

漂泊の詩人あまたや鰯雲/松原真知子

漂泊を誘ふ夏の夜のジャズ/守屋明俊

漂泊の大根咲けり白秋碑/殿村莵絲子

漂泊の夢抱きつづけ雁帰る/渡辺草丘

妻子措けば漂泊に似て腋の汗/小林康治

幼くて漂泊の毬抱いてくる/林田紀音夫

俳句例:21句目~

時雨雲にも漂泊のこころあり/山田弘子

櫻咲くとき漂泊の詩とあり/河野多希女

漂泊のこゝろ羽黒の深雪踏む/桑田青虎

漂泊は花に始まる言の葉も/渡辺乃梨子

漂泊やいちごに散らす粉砂糖/駒志津子

漂泊やきれいにたたむ蛇の皮/岩佐光雄

あきらかに鴨の群あり山峡漂泊/金子兜太

漂泊といふ語と秋の暮を愛す/成瀬桜桃子

漂泊に少し似てきし赤のまま/市野沢弘子

漂泊は跡をとどめず湧く清水/野見山朱鳥

漂泊の身になり切れず芭蕉の忌/竹腰八柏

たんぽぽに歩を漂泊と言へばよし/古舘曹人

夜はまぶしい海を抱き寝の漂泊や/青江涼江

白牡丹緋牡丹と瞳の漂泊ゆく/きくちつねこ

「常住漂泊」末黒の薄見てしまう/松田ひろむ

沖の曇天パン抱いて漂泊をこころざす/林田紀音夫

タイトルとURLをコピーしました