綿を使用した俳句

綿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

綿を含む俳句例

一枚は綿の片寄る干布団/飯島晴子

鴛鴦眠る真綿の如き靄の中/和田祥子

古綿を干して山廬の秋深し/岸風三樓

鼡鳴く方へ真綿を伸ばす母/吉田汀史

暖かや真綿の耳の指ざはり/中川四明

綿を干す寂光院を垣間見ぬ/高浜虚子

亡帥亡夫触れて真綿の冬芒/殿村莵絲子

初天神妻が真綿を買ひにけり/草間時彦

古綿の腰萎え蒲団干さずんば/石塚友二

干布団綿の謀議のふくれゆく/金丸敬子

干綿に蓑虫まろび出でにけり/小澤碧童

真綿むく匂ひや里のはひり口/広瀬惟然

真綿売り雁渡るときふり仰ぐ/宮田正和

肩ぶとん真綿といふもの日本に/及川貞

霜月や洩るる馬穴に真綿つめ/石川桂郎

鳥ねむる真綿のごとき刻ならむ/澁谷道

沸々と繭の煮えゐる真綿ひく/橋爪靖人

何やかや干し新綿も一とむしろ/榊原秋耳

制服にしのばせてやる真綿かな/富岡砧女

太陽にいちばん近い綿干す母/磯貝碧蹄館

俳句例:21句目~

手伝うて七つの子あり真綿のし/鈴木花蓑

指揮棒の真綿ぐるみや桐一葉/波多野爽波

摘み綿は繭より白く干されけり/山本八杉

真綿の背時の歩みもなくなりぬ/加藤楸邨

真綿締め大蛇のごとき暑さかな/高澤良一

母死に給ふどれが真綿か白髪か/小寺正三

牧守の女房が干せる真綿かな/栗原義人堂

ははそはの背にかけ給ふ真綿かな/藤井巴潮

夜にうく真綿のごときつつじかな/大西健司

干し綿にしめりがもどり夕千鳥/廣江八重櫻

真綿ひく祖母に手を貸す菊日和/古賀まり子

真綿被し背にこもるもの姉の声/加藤知世子

黒い流血夜干の綿のよれよれに/八木三日女

子の端星真綿の燃ゆるつめたさに/大矢内生気

真綿懸くる天気枝の柿つぶらなり/金尾梅の門

雲引くかに乙女と真綿引きし日はや/中村草田男

タイトルとURLをコピーしました