娼家を使用した俳句

娼家に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

娼家を含む俳句例

凩に詠唱さるる夜の娼家/松澤昭

白舟娼家の沖にかゝりけり/鬼城

七夕の竹も田中の娼家かな/松原射石

冬鴎明石の娼家古りにけり/石原八束

町寒く機屋と灯る娼家あり/森川暁水

蟻地獄娼家のごとく並びたる/西山誠

行人の螢くれゆく娼家かな/富田木歩

道中の娼家の鏡かがやける/平畑静塔

娼家見ゆ陽を蝕みて生くる日々/三谷昭

橇用意して娼家ある深雪かな/森川暁水

いま獲れし鮃のとどく娼家かな/皆川盤水

この頃の師走さびれや娼家の灯/富田木歩

冬かもめ明石の娼家古りにけり/石原八束

初潮にものを棄てたる娼家かな/日野草城

娼家の灯寒鰡つりにはやともり/吉川葵山

春を待つ漁港の娼家はなやぎぬ/西島麦南

沙釣るや噂に高き江の娼家/長谷川零餘子

籠の蟲の聲洩れ来るや娼家の灯/富田木歩

葉鶏頭墓地のみ残し娼家満つ/肥田埜勝美

鰒の座に娼家の通夜の鉦きこゆ/西島麦南

俳句例:21句目~

くだら野や頼めて来ぬる灯は娼家/庄司瓦全

ひまはりを植ゑて娼家の散在す/鈴木しづ子

花烏賊を釣る灯陸には娼家の灯/堀井春一郎

タイトルとURLをコピーしました