波奔るを使用した俳句

波奔るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

波奔るを含む俳句例

磯遊びする子が走り波走る/上野泰

白扇に一筆描きの波走る/東峰芳子

波の上を走る波あり初嵐/岡田耿陽

凩や波のほさきの走り舟/正岡子規

初花や魂のごと波走り/岩井久美恵

波の上に波走りくる葉鶏頭/河内静

年立つや波が走りて鴎散る/中拓夫

波伸びて砂を走りぬ春隣/稲畑汀子

沖を走る波の白兎や柿接木/中拓夫

紀の海の鰆走りの波迅し/山川喜八

蛙子や折々水の面走る波/高濱年尾

蛤や二月の波の横走り/殿村莵絲子

鮒走る時波走り蓮を植う/高瀬初乗

天に入る芒野の波奔放に/古賀まり子

八月の行方や稲に波走り/米澤吾亦紅

波が波押さへて走る葉月潮/遠藤芳郎

波走る岬の村もお元日/長谷川かな女

夜焚火や闇より波の走り出づ/岡本眸

背黒鶺鴒波に驚きとと走り/高澤良一

海桐の香夜を走りつぐ波白し/岡田貞峰

俳句例:21句目~

七夕やくらきを走る波がしら/杉山岳陽

紺碧の波走りくるサーフィン/藤原照子

縺れつつ解けつつ走る稲穂波/若井新一

冬凪のさざ波走るひとところ/上原一郎

岩壁に鮫裂き卯波走りこむ/伊藤白楊子

波がしら虹伴れ走るお元日/中戸川朝人

走りつゝ鮭の背波に網打てり/黒川龍吾

波の上雨の走れり安房の冬/中戸川朝人

菜の花に入らんとするや走り波/橘田春湖

卯波といふ白き泡立ち走り寄る/細見綾子

待ちかねてさざ波走る田植あと/都筑智子

土用波の裏は日あたりつつ奔る/加藤楸邨

ミモザ咲き磯横ざまに奔る波/水原秋櫻子

鯔群るる音の波立ち走るなり/山上樹実雄

鶏頭にひかりの波のひと走り/大木あまり

腦痛む河波走り沸きたつデルタ/鈴木六林男

苧殻たくあとすぐさらひ走り波/鈴鹿野風呂

送り火をすぐに消したる走り波/鈴鹿野風呂

タイトルとURLをコピーしました