その人を使用した俳句

その人に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

その人を含む俳句例

その人の煙草の香り聖金曜/能城檀

その人の夢路も花の明りかな/辰下

その人の稽古始の笛の音や/黒田杏子

その人に従ひゆきて蛍の夜/下田実花

元長の顔その人になつてゐる/栗林千津

その人が飛び石にゐる秋の風/飯塚ゑ子

その人と入れし素語り在芝居/茨木和生

その人に浮かばしめたる初靨/京極杞陽

その人の事にかゝはり年の暮/高濱年尾

単帯その人らしく着こなして/富安風生

その人の名の研究所涼しけれ/田中裕明

その人の墓と伝へて人麻呂忌/下村梅子

その人の娶りしといふ梅の花/山本洋子

その人の扇の風に目を閉ぢぬ/鈴木鷹夫

その人の春愁の句を覚えゐて/後藤夜半

風知草その人の性おり鶴に/鳥居曼珠子

其の人になりたる読後獺祭忌/三橋敏雄

その人の立てば春著の鶴も立つ/脇収子

その人の鼾さへなし秋のくれ/榎本其角

その人を思ふにつけて夜の秋/高浜年尾

俳句例:21句目~

その人がゐて春風の吹くごとし/北富美子

その人の足あとふめば風かをる/正岡子規

夏羽織その人の性透けていし/鳥居曼珠子

明日信じその人信じ年酒酌む/牧野まこと

木槿垣その人ありし日のことを/高濱年尾

その人の菩提寺を訪ひ避暑果つる/森田峠

その人の亡き霜月のつづきをり/大峯あきら

その人の汗がひくまで待ちにけり/高澤晶子

水仙は咲きその人は亡かりけり/大峯あきら

病むと聞くその人のこと春うたゝ/高濱年尾

秋の通夜その人の書をポケットに/奈良文夫

サングラス掛けその人の嘘見抜く/柴田奈美

賀状来ぬ其の人の訃や人づてに/高橋淡路女

雨の冬帽置くその人をかこむ夜なり/古沢太穂

花ミモザ住むその人は誰も知らず/佐土井智津子

その人の生まれ死ぬべき砂の国/我には死後の国より遠い/河路由佳

タイトルとURLをコピーしました