涙目を使用した俳句

涙目に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

涙目を含む俳句例

涙目の空を流るる返り花/原裕

山鳩の泪目赤し杉の花/無聞/齋

老犬も吾も涙目花粉症/天沼良江

長男という泪目の兜虫/関田誓炎

泪目に殊に眩しき遠雪嶺/前山松花

泪目の牡鹿一声ふり絞る/小出秋光

顔に近づく犬の涙目復活祭/桂信子

すりよりし馬の涙目鬼芒/大木あまり

春の蠅泪目の象寄り合へり/岡田史乃

切干や涙目となる夕日あり/山本洋子

勢揃ひして泪目の冬座敷/伊藤ミネ子

十夜粥泪目すこし乾きけり/関戸靖子

泪眼をほそめて花の梟かな/飯田蛇笏

涙目に見ありく背戸や蕗の薹/原石鼎

跳ねあがる海豚涙目文化の日/中拓夫

木曾馬の涙目ほそく柳絮飛ぶ/澤田緑生

死期知りし犬の泪眼梅雨深し/吉田朔夏

泪目に淡路島かげ花ざくろ/柴田白葉女

鶏頭を凝視めしゆゑの泪目か/大石悦子

泪目やしくじり三昧夜は朧/宇多喜代子

俳句例:21句目~

涙目に睡蓮煮えてゐたりけり/柿本多映

涙目のやうな空へとてんと虫/木村喜子

狩の空長寿いよいよ泪目に/吉本伊智朗

われのほかの涙目殖えぬ庵の秋/原石鼎

マンボーの大き泪眼冬に入る/本橋歌子

咳の後きらりと妻の泪眼よ/能村登四郎

山椒が泪目拭かず人を見る/鈴木八駛郎

涙眼をあやふくささふ冬の虹/上田五千石

泪目のまゝ鮟鱇の割かれけり/佐々木鳴子

疲れ鵜の瑠璃の泪目なせりけり/石川桂郎

真鱈なお涙眼雪のふりはじむ/諸角せつ子

天狼の泪目あやとり解けぬ子に/齋藤愼爾

枇杷洗ひ供ふ泪目きらびやか/赤松けい子

餅搗いてうすき涙目餅を食ふ/能村登四郎

泪目の乾鮭吊られ吹かれけり/平沢ひで子

独り祝ぐや枯木がかすむ泪眼に/田川飛旅子

ふるさとはいつも泪目花すもも/仲田美智子

涙目のまくなぎ払ひても払ひても/阿部みどり女

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました