翌檜を使用した俳句

翌檜に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

翌檜を含む俳句例

春雨の檜にまじる翌檜/龍太

冴返る檜のなかの翌檜/小澤實

朝からの雪解雫の翌檜/村越化石

鳥交り風生むものに翌檜/本橋仁

霧雫して新涼の翌檜/町田しげき

さびしさや華のあたりの翌檜/芭蕉

朧夜のむんずと高む翌檜/飯田龍太

雨降るや冬木の中の翌檜/石塚友二

冬日浴ぶとき翼せり翌檜/松山足羽

翌檜朧といふが降りにけり/鈴木太郎

離りて貧し深雪の中の翌檜/小林康治

風よりも蝉ひるがへる翌檜/高澤良一

夏炉して翌檜のこと檜のこと/辻桃子

あすなろに鎬を削り始む蝉/高澤良一

梅咲いて影絵のやうに翌檜/鈴木鷹夫

翌檜の芽ぐむ幾山海へ墜つ/成田千空

なまぐさき雨/雪/雨や翌檜/夏石番矢

二日はや雪のけはひの翌檜/三田きえ子

何の碑ぞ寒ンさやさやと翌檜/細川加賀

星合の夜をさやさやと翌檜/町田しげき

俳句例:21句目~

あすなろに鴉の居着く少林忌/小林愛子

春浅し村に一樹のあすならう/岸原清行

淋しさや華のあたりのあすならう/芭蕉

あすなろに艶もどり来て鵤呼ぶ/松村多美

翌檜に絶えざる山霧分校よ/鍵和田ゆう子

あすなろの明日を重ねし春落葉/丸山海道

あすなろの木の高きより秋の雨/草本美沙

あすなろの林うごかす雪ぼたる/吉田紫乃

旅の荷にあすなろの苗加へたし/沢木欣一

日は花に暮れてさびしやあすならう/芭蕉

松杉やわけて雨月のあすならう/佐野良太

狼狽へる蝉に幹貸すあすなろう/高澤良一

能登恋し雪ふる音のあすなろう/沢木欣一

湖の方へ懸巣鳴き落つあすならう/巌谷小波

あすならうはコスモスのなきあとに立つ/篠原

さびしさや華のあたりのあすなろふ/松尾芭蕉

咲き癡れし花の邊りのあすならう/相生垣瓜人

雪解けのいまは一途のあすならう/猪俣千代子

タイトルとURLをコピーしました