木橋を使用した俳句

木橋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

木橋を含む俳句例

浄土への橋は木の橋練供養/古杉長子

かたかたと木橋渡れば蜆村/成田千空

木橋のそり狂ふあり水温む/横光利一

風花や木の橋石の橋と化し/木内怜子

ひとりづつ渡る木橋や夕楓/丹羽啓子

芽柳や木橋の架かる民芸店/下山宏子

落椿燭木橋揺る子はしらず/芝不器男

河鹿渓木橋がつなぐ行者/つじ加代子

水澄むや内宮へ木の橋匂ふ/森高/武

いまだ名のつかぬ木橋に蝸牛/土生重次

受験期や霜の木橋の釘が浮き/宮坂静生

弓なりの木橋に弾んで櫟の実/内山薫子

木橋白く枯葦白く続きけり/市野沢弘子

水鳥の流るゝ四つ木橋の下/今井杏太郎

永き日の木橋の名前うすれけり/穴井太

浅野川木橋渡りてごりの汁/高橋恵美子

炎晝の木橋波うつボタ地帯/下村ひろし

木の橋にタールの匂ひ羊草/木村てる代

木の橋の影とゆらぐよ榛の花/星野恒彦

木の橋を渡る音より枯れ初むる/芝由紀

俳句例:21句目~

水音を聴く木の橋の凍りけり/仙田洋子

沈下橋木の橋若狭水澄めり/水口ひろ子

節分の夜目に木の橋校舎うら/戸川克巳

鉤の手の木橋の温み花真菰/池亀恵美子

げんげ野や木橋足型まだ湿り/中戸川朝人

恵方道小さき木橋にはじまれり/新田祐久

春泥や根をつよくして野の木橋/能村研三

木橋にかくるるごとし神の留守/安東次男

雪しみの木橋をひとつ夕霧忌/鷲谷七菜子

木の橋や諸子浦づきはじめゐる/岡井省二

木の橋をくぐり鯵刺しすれ違ふ/広瀬とし

ひそやかに木橋明けゆく蓮見かな/山本悠水

ふるさとは木の橋ばかり吾亦紅/丸山不二子

菊花展までの木橋の鳴りにけり/中戸川朝人

落椿独木橋揺る子はしらず/定本芝不器男句集

木の橋ありかしこき農馬たちは消え/北原志満子

洗ひ馬木橋といへど灯がついて/中村草田男「銀河依然」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました