戸袋を使用した俳句

戸袋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

戸袋を含む俳句例

一茶堂蝿虎が戸袋に/高澤良一

松尾寺戸袋厚き秋海棠/斎藤朗笛

戸袋の節穴ほどの蝸牛/田中美沙

紫陽花や古戸十枚戸袋に/野村喜舟

一枚は戸袋のなか月の雨/矢島久栄

子規庵の戸袋の反り蝿虎/高澤良一

雨戸なほ戸袋のなか星祭/鷹羽狩行

戸袋の中が明るき寒の内/宮田正和

戸袋へ足長蜂と戸が入る/大石雄鬼

戸袋に空蝉八一死せる家/鈴木鷹夫

椋鳥の卵青しや戸袋に/瀧澤伊代次

戸袋に一人倚る児や走馬燈/野村泊月

戸袋に影あたたかき吊し柿/田畑里人

戸袋に柊挿して谷暮るる/小林十三江

戸袋の青淵あかり大晦日/大峯あきら

戸袋や冷かな戸を押入るゝ/野村喜舟

戸袋より塩もの冬灯の中に客/飴山實

戸袋のからつぽの百物語/正木ゆう子

柊をさすや灯の漏る戸袋に/西山泊雲

戸袋の守宮が通ふ葡萄かな/野村喜舟

俳句例:21句目~

戸袋の日南や梅の影染みし/籾山柑子

黄水仙茶屋の戸袋風に鳴り/大井雅人

戸袋にあたる西日や竹植うる/飯田蛇笏

戸袋にしずかに溜る羽音かな/荻野雅彦

戸袋に小さき節穴神の留守/栗山よし子

戸袋に櫓を立てかけて豆の花/岩崎健一

戸袋に褪せし浮世絵鳥渡る/北見さとる

戸袋のおく烏羽玉が濡れており/仁平勝

戸袋のまだある障子馬籠宿/後藤比奈夫

戸袋は日当りつよしむめの花/桑原三郎

戸袋の中よりおぼろ引き出せり/檜紀代

旧正や戸袋にある鍾馗護符/豊田ふじを

歳月の戸袋匂う雪の晴/赤城さかえ句集

戸袋にかくれゐる戸や冬の空/波多野爽波

戸袋にかならず虚無の砂あらむ/攝津幸彦

戸袋に良夜の草の伸びつくし/五所平之助

戸袋の鴛鴦の引手や応挙の忌/黒田桜の園

ダリア球根戸袋の下に生け囲ふ/川島彷徨子

戸袋の戸が三重良寛の布団いかに/香西照雄

タイトルとURLをコピーしました