花月夜を使用した俳句

花月夜に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

花月夜を含む俳句例

鎌倉の空紫に花月夜/松本たかし

花月夜西行思ひ父憶ふ/大橋敦子

樓の獨は老や花月夜/松根東洋城

花月夜佛の妻を誘ひ出す/神蔵器

大山の浮びし梨の花月夜/山本杜城

耳朶になほ鼓打つ音花月夜/下村良邨

わが窓のこれより梨の花月夜/樋笠文

ソ連船泊てゐて北国花月夜/北野民夫

花月夜幹退いてをりにけり/山田弘子

芋の花月夜をさきて無尽講/飯田蛇笏

梨花月夜眼下一水走りをり/藤島咲子

野の朧茅花月夜といはまほし/加舎白雄

僧の頭のなかなか消えぬ花月夜/桂信子

壬生念仏すみて菜の花月夜哉/中川四明

干草の香もしつ栗の花月夜/金尾梅の門

恵那山を指呼に茶の花月夜なる/太田嗟

星躍り出して吉野の花月夜/石井とし夫

梨花月夜遠き子の恋育ちをり/影島智子

沖の船遅々と菜の花月夜かな/井関昌子

流弾がぷすりと棉の花月夜/鈴木六林男

俳句例:21句目~

花月夜古稀の命を坊に寝て/町田しげき

西行をふと思ふとき花月夜/石井とし夫

村ねむる菜の花月夜暈をきて/長谷川素逝

母の家の二階にねむる花月夜/宮川由美子

葛菓子をすこし買ひ足す花月夜/山本洋子

職辞めて曜日うしなふ花月夜/鍵和田釉子

身のうちの鬼のめざむる花月夜/木内彰志

逢ふもまた別るるも花月夜かな/小林康治

チゝポゝと鼓打たうよ花月夜/松本たかし

長女寝し菜の花月夜次女が起き/斉藤美規

亡き母のいつか来て在す花月夜/沼尻巳津子

一抜けて二抜けて尾花月夜かな/千代田葛彦

菜の花月夜母に嬌えし記憶なし/小松崎爽青

胎の子のかたちに寝まる花月夜/三田きえ子

子守男に山茶花月夜となつてゐし/加倉井秋を

花月夜死後もあひたきひとひとり/福田甲子雄

逢ふことのもうなくなりし花月夜/金久美智子

おぼろとは菜の花月夜これならむ/久保田万太郎

タイトルとURLをコピーしました