衣桁を使用した俳句

衣桁に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

衣桁を含む俳句例

紫は衣桁に昏し秋の寺/原裕

春南の衣桁に重し恋衣/高浜虚子

春雨の衣桁に重し恋衣/高浜虚子

朝風に衣桁すべりぬ夏衣/青木月斗

海棠の鉢植置きし衣桁哉/正岡子規

蘭湯や衣桁に侍る女あり/渡辺水巴

入相や花見小袖の一衣桁/正岡子規

薄墨の山河をひろげ初衣桁/檜紀代

開幕の舞台の袖の初衣桁/高澤良一

蚊の名残小紋やまがふ衣桁の袖/濯耳

衣桁には昨日とけふの花衣/吉田小幸

春月や衣桁に金を散らす帯/橋本榮治

黒羽二重法被衣桁に風の盆/高澤良一

春燈や衣桁に明日の晴の帯/富安風生

絵島見えて夕風薫る衣桁哉/正岡子規

絵帷子懸けし楽屋の衣桁哉/梅本塵山

薄物をかけし衣桁や風渡る/正岡子規

春の夜や京の宿屋の釣衣桁/中川四明

二三日衣桁のかげの手毬かな/野村喜舟

夏たつや衣桁にかはる風の色/福井也有

俳句例:21句目~

春の夜や衣桁の裾にひそむ鬼/高田蝶衣

茶羽織を衣桁に残し舂けり/平井さち子

春灯の衣桁に何もなかりけり/清崎敏郎

昼の虫衣桁に父の忘れもの/佐々木育子

春月を浴び来し衣を衣桁かな/野村喜舟

芙美子の忌衣桁に紅き博多帯/水野加代

春の夜や衣桁を辷る衣そよろ/藤野古白

かかる丈の衣桁の春著着るものか/爽雨

宵あつし衣桁の衣のかさなりて/林原耒井

春の夜や紫衣をかけたる塗衣桁/大谷句佛

衣桁かげ我よればなき梅雨かな/飯田蛇笏

花人を泊めて衣桁をつらねけり/高田蝶衣

衣裳持なりしひひなの衣桁かな/後藤夜半

よそゆきの衣桁に吊られ凌霄花/猪俣千代子

初衣桁わがあたたかきもの掛かる/富安風生

夜の落葉衣桁はもののすべりがち/栗生純夫

広間たゞ衣桁に春着かかるのみ/室積波那女

衣桁よりくづほれ落ちて花ごろも/鷹羽狩行

掛け衣桁こでまりの揺れ逢はずゐる/河野多希女

タイトルとURLをコピーしました