卒塔婆を使用した俳句

卒塔婆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

卒塔婆を含む俳句例

時鳥千本卒塔婆宵月夜/正岡子規

丈六の卒塔婆みちを彼岸婆/原裕

墓あれて卒塔婆短き尾花哉/正岡子規

卒塔婆に肝を試され唖の蝉/中川杞友

卒塔婆を押し頂ける山の鵙/高澤良一

秋風や白き卒塔婆の夢に入る/星布尼

遠郭公一つの卒塔婆湖に立つ/松村蒼石

卒塔婆の白きが増えぬ施餓鬼寺/坂井建

卒塔婆より身におよびたる朧/齋藤愼爾

かたかたと卒塔婆遊ぶ涅槃西/平野正彦

雪解路弓張る腰に卒塔婆持ち/福田蓼汀

卒塔婆に日矢さす春の氷かな/秋山幹生

卒塔婆に高脚を懸け蚊の姥は/高澤良一

振袖に卒塔婆抱き来る桜かげ/川端茅舎

炎天に抱く卒塔婆の木の香かな/中里篠

いつしんに卒塔婆ゆらぐ五月晴/柿本多映

うちあげし卒塔婆冬浜人を見ず/福田蓼汀

卒塔婆のつまさきだてる鵙日和/高澤良一

卒塔婆のみなぱたぱたと夏の海/小澤克己

囀りや卒塔婆と杉の碧空に/阿部みどり女

俳句例:21句目~

放生の河豚を追ひかけ紙卒塔婆/曽根圭子

新盆の卒塔婆抱へられて過ぐ/佐々木六戈

卒塔婆はかの世へ倒れ草いきれ/神山冬崖

蝶舞うや卒塔婆は瑕さらけだす/鎌倉佐弓

行秋の波にたゞよふ卒塔婆かな/寺田寅彦

卒塔婆の生みたる茸凍みにけり/中戸川朝人

夏足袋の先があまりて卒塔婆殖え/長谷川双

徂く春の卒塔婆小町を観し疲れ/松本たかし

春の昼ふりむくたびに卒塔婆増え/飯田龍太

四句の偈の卒塔婆を三句時雨けり/幸田露伴

卒塔婆抱き人散りゆけり施餓鬼寺/井上洋子

卒塔婆めく風除を秘所に青みたり/文挟夫佐恵

花火こぼれて卒塔婆林立するくらがり/紀音夫

卒塔婆抱き鳴門を越ゆる帰省かな/紅露泥堂子

おほかたは卒塔婆小町の盆踊り/七田谷まりうす

瓶かたむけたウイスキー瞼の卒塔婆/林田紀音夫

よろと卒塔婆小町の萩の託言も失せてけり/文挟夫佐恵

タイトルとURLをコピーしました