夕映/ゆふばえを使用した俳句

夕映/ゆふばえに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕映/ゆふばえを含む俳句例

夕映の津軽海峡雁渡る/岩城湍

空蝉の中も夕映母の国/今井聖

檐近き夕映空や鳥帰る/寺田寅彦

かいつぶり人は夕映着て帰る/林翔

夕映の蚊柱の胴緊めがたし/澁谷道

夕映の動いて明し虫の原/鈴木花蓑

夕映の蚊柱御殿死ねば棲む/渋谷道

鱚食うて海に夕映の紅流る/中拓夫

高麗の里秋夕映に鳥の帰路/貞弘衛

四萬六千日夕映に柱あり/藺草慶子

葭切や夕映を曳く櫂の波/橋本榮治

鹽竃は夕立すらん沖夕映/寺田寅彦

夕映に何の水輪や冬紅葉/渡辺水巴

夕映の海芋や神父往来す/小池文子

豊年や夕映に新聞を読み/加畑吉男

膝に淡き夕映も秋蛇つかひ/小池文子

花明り夕映の黄が退りつつ/香西照雄

花芒母と娘が持ち夕映に/柴田白葉女

荒城や群るる金雀枝夕映に/小池文子

蓑虫や夕映部屋を預けくる/角川源義

俳句例:21句目~

受難節今日の夕映鮮烈に/古賀まり子

地に子供春の夕映母のごとし/三谷昭

夕映に一禽去らず霧氷林/大森三保子

蜻蛉ねたし夕映の翅相触り/香西照雄

夕映のしばらく倚るは冬襖/角川源義

蟆子生れ海の夕映牧に沁む/堀口星眠

夕映の中に二羽見え揚雲雀/鈴木花蓑

夕映の二度して秋の島明し/鈴木花蓑

夕映の妻にしたがふ年用意/笹川正明

夕映の木曾の川瀬の青胡桃/岡田日郎

夕映の残る虫より淡くして/相馬遷子

金星にいつまでお花畑夕映/岡田日郎

夕映の甘藍蝶を去らしめず/木下夕爾

夕映の空をページに初日記/渡辺恭子

夕映の端からくづすかき氷/鎌倉佐弓

天よりも夕映敏く深雪の面/野澤節子

寒林讃根元根元で濃き夕映/香西照雄

山々の夕映のくるスキー場/京極杞陽

束の間の夕映ぬくし石の街/桜井博道

夕映か紅葉か奥の奥の山/篠田悌二郎

俳句例:41句目~

秋夕映の海より来たり鮃の死/森澄雄

籾殻丘夕映母へと還る農婦/香西照雄

支那海の大夕映に泳ぎをり/千代田葛彦

二重廻し夕映電車来て消えぬ/石田波郷

優曇華やかく夕映の我家にも/杉山岳陽

切り結ぶ凧夕映をもたらしぬ/朝倉和江

夕映に泣き濡れて巨勢眼鏡店/塚本邦雄

夕映のラガー近づき少年なり/行方克巳

夕映の波たゝみくる浮巣かな/和田草央

秋夕映森はマラソン吐き続け/井上宗雄

小寒の夕映富士をのぼりつむ/浅羽緑子

紫雲英荷と夕映充てし頬窪と/香西照雄

花明りしてきし故か夕映か/永井東門居

汗一洗の赭顔夕映父てふもの/香西照雄

灯のなかに夕映落ちる西鶴忌/岡井省二

無言よし漬け茄子のつや青夕映/堀葦男

虫鳴くや夕映のまゝ月となり/鈴木花蓑

牟婁の海の夕映波に照蜜柑/鈴鹿野風呂

白地着て夕映の濃き方へ行く/関口謙太

金箔めく夕映梅林密なるのみ/香西照雄

俳句例:61句目~

釜茹での蝦蛄に夕映始まれり/高澤良一

雲のなき大き夕映裾濃なる/田川飛旅子

風邪の背に夕映の刻迫りをり/野澤節子

夕映を告げくる禽よ小千鳥は/堀口星眠

林道も尽き夕映も消えにけり/木下夕爾

みづうみの夕映明り紫雲英蒔く/栗田秀畝

眼の中の夕映磨かれつつ昏れぬ/桜井博道

枯木夕映句のことごとくに師恩/嶋田麻紀

桃咲くやあけぼのめきし夕映に/渡辺水巴

梅雨さなか夕映ながき湯檜曽川/岡田日郎

芥子咲くやけふの心の夕映に/水原秋櫻子

夕映田なほ田植機に引きずられ/宮下本平

独活の実や雲の夕映身に染まず/渡邊水巴

飛魚干して夕映ながし廓あと/北見さとる

夕映の赤土すみれも濃くなりしよ/香西照雄

かぎりなく夕映かはる新樹かな/大橋櫻坡子

鶴わたるかぎり夕映消えまじく/水田のぶほ

花南瓜夕映遠くなりにけり/五十崎古郷句集

夕映天使の鴎舞ふ間ぞ荒磯菜摘む/加藤知世子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました