神主を使用した俳句

神主に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神主を含む俳句例

初午や神主もする小百姓/鬼城

神主の赤装束や鞴祭/橋本對楠

僧赤く神主白し國の春/正岡子規

宮一つ神主一人大吹雪/村松紅花

神主の玄関廣き寒さ哉/寺田寅彦

神主も百姓にして川社/松瀬青々

神主の申して言へる藤袴/斉藤美規

神主のほか装はず海開き/小林呼渓

祭舟舳に神主乗り込みて/高澤良一

神主の出を待つ木履大祓/高澤良一

神主と供と荷持や春の山/尾崎迷堂

神主の肴さげたり一の午/高浜虚子

神主や烏帽子のまゝの墓參/正岡子規

蚊とんぼのやうな神主大祓/高澤良一

林檎村神主の木靴大きかり/宮坂静生

極まりは神主も馳す浦祭/田川飛旅子

神主の朝寝の雨戸芙蓉咲く/清水晴子

神主の衣冠風ある御祓かな/松藤夏山

神主はおみななりしか椎若葉/源鬼彦

神主は眼鏡掛け居り鵙の聲/内田百間

俳句例:21句目~

神主は篤農の人海開き/小見山希覯子

神主も出店をのぞく秋祭/滝川いわ子

神主に落葉しそめし銀杏かな/野村泊月

神主の砂浜わたる暑さかな/小酒井不木

神主に先に御慶を言はれけり/山中弘通

神主があるけばあるき羽抜鶏/岬/雪夫

初午の俄か神主来てをりぬ/山田みづえ

神主にいぶかしまれつ夕時雨/野村泊月

神主の鶏遠出して柚子黄なり/大峯あきら

神主の行きて太鼓やかたつむり/田中裕明

神主のまはりの落葉巫女も掃く/中里北水

かんじきを履いて神主さま通る/古川杜子夫

すすき野を神主よぎるとかとんとん/穴井太

タイトルとURLをコピーしました