仄かを使用した俳句

仄かに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

仄かを含む俳句例

靄の中水禽動き花仄か/鈴木花蓑

傷口の外を仄かに冬の鴎/斎藤玄

紅跡の吸がら仄か初雀/小坂順子

祝膳紅仄かなり北寄貝/村岸明子

白梅の仄か色めく夕日ざし/林翔

仄かにも檜の香り雪見窓/堤京子

雲海を上れる月の翳仄か/飯田蛇笏

投入や椿仄かに灯したる/角田竹冷

飾臼みづの青藁仄かにも/飯田蛇笏

寒禽を捕るや冬木の雲仄か/飯田蛇笏

積む雪の仄かに匂ふ実朝忌/下山宏子

飢ほのか鮭の夕げの窓曲る/細谷源二

旅人や行きつくところ鐘仄か/和田悟朗

枯蘆に晝のちかづく仄かなり/松村蒼石

秘めごとの仄かに炬燵塞ぎけり/牧月耕

茱萸噛めば仄かに渋し開山忌/川端茅舎

月仄か寝ない夜鷹に刻過ぐる/菖蒲あや

かや垂れて百合の花仄かに白し/石井露月

うるほへる色仄かにて花すすき/飯田蛇笏

めぐる日も仄かに揺れて浮寝鳥/橋本榮治

俳句例:21句目~

サイダーに曲学阿世の泡ほのか/櫂未知子

マスクかけ仄かに彼の眉目かな/高浜虚子

仄かにも渦ながれゆく夜光虫/橋本多佳子

光背に春あけぼのゝ闇ほのか/米沢吾亦紅

初蝶の過ぎし跡こそ仄かなれ/相生垣瓜人

夕顔やことわり状に伽羅ほのか/中村明子

暁の戸一枚繰つて秋海棠ほのか/喜谷六花

胴著きて興仄かなるこころかな/飯田蛇笏

落花相寄るたまゆらの風ほのか/臼田亞浪

藪の端を染むる冬日の仄かにも/飯田蛇笏

蛇消えて敷石に雨意仄かなり/櫛原希伊子

酔郷も梅酒のそれは仄かなり/相生垣瓜人

雨雲のひまに仄かに今日の月/福田千栄子

汗団々仄かなるかもさるすべり/林原耒井

柚子の香の仄かに父の背をながす/本島高弓

白牡丹といふといへども紅ほのか/高浜虚子

酔の尾の仄かに炎えぬ夜目の柚子/千代田葛彦

獄出でしや曇り日一点の冬日ほのか/古沢太穂

東風ほのかメランコリックな犬とゐて/小倉涌史

タイトルとURLをコピーしました