恋雀を使用した俳句

恋雀に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

恋雀を含む俳句例

牡丹雪繚乱たるに恋雀/相馬遷子

俄かなる光がはじけ恋雀/都筑智子

咲き満ちし椿の中の恋雀/草間時彦

恋雀割られし薪も尺とびて/西谷孝

恋雀敦盛塚にこぼれけり/池上果山

恋雀婚約のこと父母知らず/品川鈴子

恋雀潜りて遅き花散らす/和田ゑい子

恋雀高きより陥つ躬を細め/岸風三樓

水甕の端にももつれ恋雀/鈴木しげを

沼底の濁りは知らず恋雀/大木あまり

盗み見ることの愉しき恋雀/遠藤梧逸

禅堂の軒をこぼるる恋雀/塩谷はつ枝

茶を点てて遊べば軒の恋雀/草間時彦

風鐸を鳴らし地に墜つ恋雀/細井光男

鴟尾すべり落つ天平の恋雀/田中水桜

恋雀マリアは両手ひろげ立つ/朝倉和江

恋雀墓は日だまり風だまり/古賀まり子

恋雀教会の屋根古りにけり/古賀まり子

恋雀頭に円光をひとつづつ/橋本多佳子

あやまちて吾にこぼれ来し恋雀/大石悦子

俳句例:21句目~

恋雀けふの暮六つわれら撞く/篠田悌二郎

降りぐせの多摩の横山恋雀/鍵和田ゆう子

ヘリコプターに揺らぎし空や恋雀/住谷不未夫

タイトルとURLをコピーしました