昔昔を使用した俳句

昔昔に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

昔昔を含む俳句例

行水や昔々の大盥/瀧春一

菜飯噴く昔々の昔かな/高野素十

雁風呂の昔々の村通る/村上三良

人買もむかしむかしの夕菫/間石

秋出水昔々の着物出て/佐々木六戈

鎌鼬昔むかしの母の傷/岸田みい子

白梅に昔むかしの月夜かな/森澄雄

梟や昔むかしの星隕ちて/齋藤愼爾

逃水やむかしむかしの稚恋/山口青邨

茨の実むかしむかしの膝小僧/北光星

歌かるた昔むかしの母の恋/鷹羽狩行

七夕や昔むかしのわらべ歌/野村きく

鶺鴒はむかしむかしやけさう文/蓼太

昔々ではじまる川の浮寝鳥/櫛原希伊子

昔々わらんぢの馬稲を運びし/栗生純夫

寄鍋やむかしむかしの人思ふ/山口青邨

春氷むかしむかしも闇の田に/廣瀬直人

海底の泉のむかしむかしかな/夏石番矢

青き踏む昔むかしの日差かな/高橋陸郎

みそか心の昔むかしや春の闇/菅谷晴子

俳句例:21句目~

雁帰る昔むかしへ帰るのか/斎藤まさし

貝がらやむかしむかしの秋の声/中川宋淵

松の花むかしむかしの手織縞/松葉夫美世

鳥総松むかしむかしの星を撒き/大島雄作

むかしむかし祖父も川へと涼哉/横井也有

目鼻なき雛にむかしむかしかな/金森麗子

笛吹いてむかしむかしの日向ぼこ/中川宗淵

昔むかしの種痘の痕のまだ痒し/能村登四郎

かたかごやむかしむかしの母の恋/深沢暁子

湯婆などむかしむかしを売る小店/杏田郎平

母が言ふむかしむかしの露けしや/雨宮きぬよ

濠の菱舟むかしむかしの音きします/加藤知世子

むかしむかし梢にあそびにゆきました/阿部完市

すかんぽのむかしむかしよ日のゆらぐ/兼間靖子

青すだれむかしむかしのはなしかな/久保田万太郎

むかしむかしへいろいろの蝶飛ばし居り/阿部完市

おたまじやくしむかしむかしの陽をつれて/櫻井博道

昔むかし焦がれたる娘の糖尿を病むらしそんなもんだぜ月日は/島田修二

タイトルとURLをコピーしました