紺碧を使用した俳句

紺碧に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

紺碧を含む俳句例

烏賊襖透く紺碧の響灘/飯久保司郎

熱帯紺碧の海恋しからむ/福永鳴風

紺碧の海に育ちし鰤の色/飯島正人

紺碧の画布へ裸木林立す/桜井昭子

冬空の紺碧の下に咳をする/道部臥牛

春霧に天の紺碧ただならぬ/飯田蛇笏

瓜を啖ふ大紺碧の穹の下/富澤赤黄男

紺碧の伊吹山見ゆ夏座敷/梶山千鶴子

紺碧の沖を楯とし流氷来/田村すゝむ

紺碧の波にたゝめる日傘かな/上村占

紺碧の空に帰燕や草千里/佐々木筆子

紺碧の空の涙かいぬふぐり/室岡純子

紺碧の空を招いて潮まねき/火村卓造

菜の花の沖は紺碧日本海/塚田恵美子

鶴引きしあと紺碧の空残る/村上淑子

柚子切つて紺碧に空拡げたり/松下千代

秋潮の紺碧変ること迅し/阿部みどり女

紺碧の小春を得たり大根引く/松尾章子

紺碧の波走りくるサーフィン/藤原照子

紺碧の海より抜きし鰹かな/遠藤逍遥子

俳句例:21句目~

どのヨツトにも紺碧の空ありぬ/会田仁子

誰も往かぬかの碧落の紺碧へ/酒巻英一郎

不意に戦後来る紺碧のひと日冴え/桜井博道

揺れやまぬ夜行列車に紺碧の老師/金子兜太

紺碧にそまりたくなり泳ぎだす/和田耕三郎

紺碧を切り裂いて行くボートかな/清水静子

青芝に坐して紺碧の海を恋ふ/阿部みどり女

たちしようべん紺碧の空あけわたす/早瀬恵子

紺碧の海にも沈んでいるバンザイ/三好夜叉男

タイトルとURLをコピーしました