狼煙/烽火を使用した俳句

狼煙/烽火に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

狼煙/烽火を含む俳句例

狼煙台跡一面の秋薊/石嶌岳

烽火山南北に立つ畑起す/下田稔

狼煙山見ゆる所の鯉幟/百瀬明子

落鷹の一声鳴けり烽火台/正木礁湖

露の峰四方に信玄狼煙跡/雨宮彌紅

都への狼煙の起点草紅葉/小島由起

長城や烽火連ねし山眠る/有馬朗人

上杉祭狼煙にけむる西吾妻/古川京子

春立つや草山ながら烽火台/籾山柑子

島百戸なまこ開きの大烽火/富田潮児

楢山に父の狼煙を見たるかな/杉田桂

樗咲くむかし番所の狼煙台/松本幹雄

法螺貝や雪狼煙たつ羽黒山/佐川広治

牡丹散て長白山の狼煙かな/正岡子規

狼煙まで青葉の道を蟹走る/檜山哲彦

狼煙一発万緑の山動きけり/玉川リヨ

水軍の島に狼煙となるどんど/松村和喜

鹿鳴くや酒をさげすむ烽火守/飯田蛇笏

鰊かな狼煙上げたき昼下がり/櫂未知子

富士の辺に烽火の入日実朝忌/井沢正江

俳句例:21句目~

烽火山躑躅を以て高まれり/中戸川朝人

死に損の狼煙あげたる凌霄花/坂間恒子

防人も烽火も遠し葛枯るる/文挟夫佐恵

防人も烽火も遠し葛枯るる/文挟夫佐恵

風あそぶ他なし月の烽火台/つじ加代子

武者絵凧狼煙台より上がりけり/川村紫陽

初東風や筒祝ぎもすみし烽火合/久米正雄

春の雷ミレニアムヘの狼煙とも/井坂景秋

口紅をまた塗る狼煙かもしれぬ/太田淑子

狼煙燈台へ冬のサフラン畑上る/細見綾子

烽火台とび~にある枯野かな/長谷川零餘子

また顔にあたる狼煙のあきつかな/高澤良一

しゆるしゆると狼煙あがりし紅葉谿/石寒太

冬に入る狼煙の茱萸の塩ふけり/瀧澤伊代次

水寒し烽火たよりに渡す舟/蝶衣句集「島舟」/高田蝶衣

タイトルとURLをコピーしました