日溜りを使用した俳句

日溜りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

日溜りを含む俳句例

薺摘む安曇平の日溜りに/石昌子

蛇穴に入る日溜りの献血車/仁平勝

一村を日溜にして蜜柑山/園部白雨

地の神の小さき日溜七五三/原田喬

焚火へも歩み日溜りへも歩み/夜半

立冬や葎一つを日溜りに/村越化石

祖母の忌の雛に日溜り蕗の下/飴山實

日溜りがある抜け道の枯木山/中拓夫

護摩祈祷待つ日溜や初薬師/富田潮児

坂といふ長き日溜り秋の蝶/山田弘子

落葉嶽児は日溜に遊ばせて/西山泊雲

正倉院うらの日溜り今年藁/後藤克巳

日溜りの石に腰かけ楮剥く/田中冬二

鉄板の遠い日溜り喪主を待つ/杉本雷造

すべり台冬日溜りへ子等こぼし/塙告冬

家々の年の瀬の庭の日溜り/栗林一石路

小鳥来る命のごとき日溜りに/小林康治

手綱解く馬柵の日溜り雪間草/上原律子

日溜りに遊んでばかり囮鴨/石井とし夫

食卓の下の日溜りシクラメン/西村和子

俳句例:21句目~

日溜りへ婆らかたまるから落葉/内田啓

日溜りへ飛びきし枯葉白川郷/中西舗土

汲み水によき日溜りや寒造/藤田あけ烏

菱の花さざ波溜りの日溜りに/見市六冬

蜻蛉の好きな日溜り風溜り/後藤比奈夫

しばらくは日溜りを飛び秋の蝶/木村秋湖

日溜りの犬は夢みる枯芙蓉/鍵和田ゆう子

海とても日溜りはあり浮寝鳥/国松ゆたか

揚船の日溜を跳ぶきりぎりす/丸田余志子

岬なればこその日溜り藪つばき/高澤良一

ヒヤシンス日溜の色頒ち合ひ/小坂かしを

日溜りに一生のごと炭俵を編む/鈴木貞雄

凍蝶をみし日溜りのいつ失せし/柴田白葉女

樹氷林にも日溜りのありて佇つ/嶋田摩耶子

日溜りの布団のやうにうちとけて/高澤良一

夢死するもよし梅林のこの日溜り/伊丹三樹彦

クロッカス黄に日溜りの陽を吸へり/山本満義

日溜りにこぼれひよどりじようごの實/八木林之介

日溜りに咲く一群のサルビアの昏さに父の戦後はありぬ/三井修

タイトルとURLをコピーしました