空地を使用した俳句

空地に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

空地を含む俳句例

売惜む空地久しや枯葎/飄亭

お隣の空地の蘖郁々と/平方ひで

節分の空地に鬼の面外す/白石不舎

子供等の空地とられて懸莨/山口青邨

秋はまづ街の空地の猫じやらし/森澄雄

空地突切る毒消し売の夕ぐれ/喜谷六花

望月の空地はなれぬ本屑の香/野澤節子

茶袋の種蒔きちらす空地かな/尾崎紅葉

鉄削る黍の空地を職場とし/秋元不死男

駒鳥や空地の寺に蕎麦食へば/石塚友二

人体に空地のありて雪の降る/鳴戸奈菜

失はれゆく空地あり赤とんぼ/遠藤忠昭

病院の空地のありて土筆萌え/高浜年尾

うちひさす空地縁どり諸葛菜/八木林之介

うつぼ草レール撤去の空地かな/草野駝王

年々に空地へりゆく祭かな/久保田万太郎

忘れゐし空地黄となす泡立草/山口波津女

祭太鼓空地々々に打ちひびく/榎本冬一郎

蒲公英や路地の空地は皆鋤かる/宮坂静生

術後のわれ冬の空地の草でよし/栗林千津

俳句例:21句目~

製糸廃れ花火の空地ばかりある/木村蕪城

赤まんま空地に捨てゝある枕/秋元不死男

コスモスが空地に咲きて愛されず/土屋鶴子

径としゆききする空地の草枯れ/栗林一石路

水張りしコップに空地の赤のまま/高澤良一

浅茅生ふ空地は風と日の棲み家/小林やす子

虫棲めり空地よりやや家寄りに/川口比呂之

遠き記憶も荒地野菊よ港の空地/松崎鉄之助

空地で刺さる媚薬壜掘る墓掘人夫/赤尾兜子

銀杏散る空地珍らし路地の中/長谷川かな女

鞄かかえなおし空地をゆくは父/五十嵐研三

片附けて元の空地や御ン旅所/坊城としあつ

いなびかりみなとみらいに空地あり/太田良一

これだけ揃うと薄気味悪い空地の猫/山上清子

末枯れの空地の奥に富士を置き/阿部みどり女

空地の草のしつとりと露の東京の朝/栗林一石路

空地ことしは何もつくらず草枯るる/栗林一石路

「ちょうのはか」「きんぎょのはか」で咲く空地/八木三日女

タイトルとURLをコピーしました