忘られを使用した俳句

忘られに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

忘られを含む俳句例

後山の忘られ鴉霜消空/飯田蛇笏

学校は町に忘られ冬休/村岡籠月

元日や忘られてゐし白兎/飯田龍太

忘られぬ母の温もり寒卵/徳永高男

忘られしもの昼の月芦青し/大野林火

短日の犬忘られて人を恋ふ/吉屋信子

豆雛が箪笥の上に忘られて/臼田亞浪

忘られし狗脊澱む小桶かな/尾崎紅葉

凩に置き忘られし赤鳥居/柴田白葉女

去年より物一時も忘られぬ/上島鬼貫

山独活に木賃の飯の忘られぬ/炭太祇

左義長や月忘られし如くあり/月星郎

風知草風の露台に忘られて/三宅一鳴

忘られて花野の中の三輪車/浅見さよ

えごの花忘られしごと乳母車/川崎展宏

忘られしたらひの中の金かな/指中恒夫

梅日和母生き過ぎて忘られて/中嶋秀子

病床に忘られてをり日脚のぶ/富安風生

石桃の茂り没して忘られし/百合山羽公

紅梅ややがて忘られし縁の鞠/島田青峰

俳句例:21句目~

花石榴久しう咲いて忘られし/正岡子規

忘られて日かげつてをり青写真/角杏子

貨車一つ忘られてある寒の雨/神山杏雨

青田風故郷に忘られたる者に/金子晃典

むらさきは忘られやすし苧環も/津森延世

七草粥忘られしころ癒えてゐむ/村越化石

仕舞田をせし母のこと忘られず/萩原麦草

忘られし安らぎに竹皮を脱ぐ/堀之内和子

忘られし軒のギス鳴き新学期/松倉ゆずる

昼月の忘られてゐる枯野かな/鷲谷七菜子

忘られて鬱の色なる菠薐草/鍵和田ゆう子

置き忘られし白扇のひらくかな/鎌倉佐弓

金屋のグッピーの眼が忘られず/高澤良一

黄葉して忘られてあり毒うつぎ/前田普羅

柴漬の忘られしごと日々にあり/石島雉子郎

秋の虹死者に忘られゆくごとく/正木ゆう子

薔薇一枝挿しぬ忘られてはゐずや/藤田湘子

忘られしところもつとも末黒濃し/加倉井秋を

忘られし冬帽きのふもけふも黒し/橋本多佳子

懺悔台に置き忘られし夏帽子/熊谷愛子「火天」

タイトルとURLをコピーしました