雪隠を使用した俳句

雪隠に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雪隠を含む俳句例

雪蛍漂ひ鬼の雪隠よ/堀井英子

蘭たがぬぎかけし野雪隠/工云

朝涼や長雪隠の大和尚/河野静雲

紫の菫咲くなり野雪隠/正岡子規

雪隠に居眠る人や年の暮/会津八一

秋天に鬼の雪隠蓋もなし/塩川雄三

夏草や端山の裾の野雪隠/藤野古白

雪隠の窓より入る隙間雪/高澤良一

成程の鬼の雪隠秋うらら/飯島晴子

雪隠の後ろに登る初日哉/会津八一

雪隠の窓から見るや秋の山/夏目漱石

雪隠の窓にかゝりし一葉哉/寺田寅彦

初雪の日の雪隠に香焚けり/古舘曹人

天高し鬼の雪隠借りにゆこ/木田千女

雪隠の窓や野分の森を見る/寺田寅彦

雪隠も岩を刳りたり秋の寺/行方克己

昼顔の花さかりなり野雪隠/正岡子規

畑中に雪隠小屋の霞みけり/正岡子規

砂雪隠螢光色に冬日溜め/殿村莵絲子

立冬やかまど雪隠通し土間/吉村久子

俳句例:21句目~

萩かれて雪隠見ゆる寒かな/横井也有

雪隠に物落しけり今朝の秋/会津八一

雪隠の小城を責る蚊遣り哉/横井也有

帰り花雪隠ひそとありにけり/吉野義子

残る虫砂雪隠のうしろより/石垣青☆子

竹の子や雪隠にまで嵯峨の坊/上島鬼貫

雪隠の屋根にちらばる栗の花/上原三川

きちきちの飛び来る鬼の雪隠に/塩川雄三

雪隠のかきがねはづす野分かな/黒柳召波

雪隠の団扇使ひや身に添はず/長谷川太虚

日盛の雪隠は灯をつけて入る/波多野爽波

忘れじな戸なき雪隠の山ざくら/服部嵐雪

雪隠に去年ながらのうちはかな/横井也有

山寺や雪隠も雉の啼所/一茶/文化五年戊辰

春風や大宮人の野雪隠/一茶/文化十一年甲戊

雪隠と背合せや冬ごもり/一茶/文政五年壬午

春の日や雪隠草履の新しき/一茶/文化五年戊辰

木母寺の雪隠からも千鳥哉/一茶/文化十一年甲戊

かつしかや雪隠の中も春のてふ/一茶/文化三年丙寅

タイトルとURLをコピーしました