仏像を使用した俳句

仏像に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

仏像を含む俳句例

佛像に飽き炎天の石跨ぐ/渋谷道

水洟を拭き仏像と闇にあり/林徹

佛像の頬羨しけれ夏隣/藤田湘子

仏像に赤札掛かる初観音/片山浮葉

小春日や仏像の如車椅子/大関華子

春眠の今仏像にとりまかれ/上野泰

仏像の臍人間の臍深呼吸/中村孝史

佛像の眼やいれん露の玉/正岡子規

仏像に臍のくぼみや麦の秋/源/和子

仏像のくらがり冷えて女匂ふ/有働亨

仏像の朱は渋き朱や冬の蝶/久米正雄

仏像の残像/檸檬供えたく/和田悟朗

仏像は金の冷たさ秋日和/山口波津女

拓本の仏像を見る涅槃かな/松本正一

傾ける仏像あまた苔の花/佐々木美沙

森は裸にひとりの仏像倒る/和田悟朗

秋晴れに甘酒啜る仏像観て/沢木欣一

贈物無し野分のあとの佛像に/渋谷道

露の村佛像いづれも艶福に/宮坂静生

仏像と僧と等身おぼろにて/猪俣千代子

俳句例:21句目~

仏像のまなじりに萩走り咲く/細見綾子

啓蟄の仏像すこしづついざる/松村蒼石

佛像と僧と等身おぼろにて/猪俣千代子

朧月置く仏像の顔もかなし/加藤知世子

仏像を彫るふところの深い冬/乾鉄片子

仏像が売れて年逝く砂ぼこり/吉本伊智朗

仏像に地震たまゆらの春雪光/加藤知世子

仏像の柾目浮きたる秋日かな/菊森恵美子

仏像の身から錆出て花八ツ手/五郎丸直彦

仏像はあす彫りあがる野火の月/飯田蛇笏

君があがむる仏像で君の春の朝/喜谷六花

泰山木開くに見入る仏像ほし/加藤知世子

火中くぐりぬけし仏像鶏頭花/飯野きよ子

花ぐもり仏像まなこ閉ぢざるよ/平畑静塔

黄金の仏像最後列は寒からむ/磯貝碧蹄館

いわし雲出を待つごとく佛像立つ/宮坂静生

仏像のてのひらにして春蚊の死/鷲谷七菜子

八十八夜ことりと闇に立つ仏像/吉田透思朗

嚏して佛像の首の鼻におどろく/栗林一石路

タイトルとURLをコピーしました