両眼を使用した俳句

両眼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

両眼を含む俳句例

墓に倦む児の両眼の菫草/龍太

両眼の水晶体も春の冷/藤田湘子

両眼は撞木の先や撞木鮫/白井冬青

初旅の膳に両眼立てて蟹/亀井糸游

菊人形両眼違ふものを見る/小澤實

枝の中で両眼ぬくし剪定す/高島茂

両眼の雫も寒し白がへし/中村史邦

闇を見るための両眼春の山/鈴木太郎

春の蝿両眼美しくあれよ/佐々木六戈

沢蟹の両眼立てて沖ゆく艦/細川加賀

紅葉散る両眼同じ明るさに/中島双風

百千鳥いま両眼で流すなり/井川春泉

秋雨に両眼濡れて蝉鳴けず/野澤節子

両眼に山のはみだす花菫/大木あまり

両眼に潮の満ちたる雪達磨/杉野一博

蟷螂の両眼貌にをさまらず/土生重次

両眼を低くして蟹穴を出づ/山口誓子

両眼を備へ乾鮭吊られあり/奥坂まや

両眼を得て福だるま流る流る/林昌華

両眼を洗いて年の始めとす/国分衣麻

俳句例:21句目~

両眼にわれの映りし蝉死せり/野澤節子

両眼にいたどりの野の豪雨かな/原田喬

初蝶や涙はいつも両眼より/ふけとしこ

両眼も脱いでをりたる蛇の皮/安田春峰

仰臥のまま両眼ひやす冬の果/古沢太穂

禿山に両眼ありき夜も瞠き/沼尻巳津子

春の鴨両目をつかふ片目づつ/石田郷子

両眼の蝶や片眼に見うしなふ/石川桂郎

煙立てる目刺両眼素通しに/猿橋統流子

みゝづくが両眼抜きに来る刻か/三橋鷹女

両眼なき達磨のゆとり桃の花/大木あまり

両眼にみどリ涼しき故郷の田/柴田白葉女

両眼の開いて終わりし晝寝かな/藤田湘子

滝仰ぐ両眼あふれゐるごとく/鳥居美智子

空蝉の両眼濡れて在りしかな/河原枇杷男

肥かつぎ上ぐ両眼を見開きて/海老根鬼川

蟷螂のいま両眼におよぶ枯れ/杉本千代子

みどりの日仁王の両目寄りしまま/金子野生

冷害雪ふりカー両眼をひらき過ぐ/寺田京子

暗き木の下の両眼をひやすかな/宇多喜代子

俳句例:41句目~

むらさきの冬芽や虫穴のごとき両眼/長谷川かな女

タイトルとURLをコピーしました