床柱を使用した俳句

床柱に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

床柱を含む俳句例

雑巾や杉に時雨る床柱/一滴

正客や暑さぞまさる床柱/雪色

笋や行末はたが床柱/正岡子規

床柱鼻もうたずに郭公/正岡子規

弓靱紫苑生けたり床柱/正岡子規

後の雛濤音ひびく床柱/田中英子

六月の京より届く床柱/生野照子

六月や月光しばし床柱/黒田杏子

春浅く短冊換へぬ床柱/高濱年尾

利休忌や楓の細き床柱/井水貞子

桃一つ残りて黒き床柱/柿本多映

濃紫陽花一輪匂う床柱/中嶋正子

鏡中に昭和果てたる床柱/桂信子

ほととぎすむかしの宿や床柱/調巴

冬麗のまんなかにある床柱/桂信子

床柱磨くことより年用意/水谷成一

秋袷端折りて拭きし床柱/金龍綵子

臘梅をいけて無骨な床柱/京極杞陽

蓬莱や父の背に負ふ床柱/加藤耕子

行く春のもたれ心や床柱/正岡子規

俳句例:21句目~

行く秋の光澄む古き床柱/石塚友二

春雨や仮鬚掛けたる床柱/正岡子規

元日の夕日さしをり床柱/金尾梅の門

師の声の聞えて涼し床柱/深見けん二

秋すでに傷ふかく立つ床柱/中村苑子

春眠やよろけて凭る床柱/木内美恵子

苧殻火を映せる父の床柱/沼尻巳津子

褞袍着て背に明るさの床柱/井出節子

避寒して海の入日に床柱/波多野爽波

床柱輪飾かけていや古りし/吉屋信子

雪の夜は梢をおもふ床柱/正木ゆう子

青葉寒む翁も倚りし床柱/岡本差知子

何処からも見える越後の床柱/松下雅静

霧の夜の村を捨てたい床柱/室生幸太郎

青葉冷えこのしづけさに床柱/中村祐子

床柱拭く手見えゐる除夜旧家/鷲谷七菜子

タイトルとURLをコピーしました