市電を使用した俳句

市電に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

市電を含む俳句例

泥寒し市電終点より先は/宮津昭彦

雁や市電待つにも人跼み/大野林火

朝寒の市電兵馬と別れたり/石田波郷

人下りし市電朧の中に揺れ/橋本鶏二

冬夕焼電気匂つて市電来る/戸板幽詩

病む母に霜夜の市電閃光す/丸山哲郎

鶏卵を市電で割りぬ啄木忌/攝津幸彦

原爆忌市電無数の手を吊りて/今井勲

サボ市電物価騰りし街へ放つ/細谷源二

工賃をまもり市電の隅にたつ/細谷源二

市電くる開花予想の遅れつつ/杉野一博

文化の日市電で回る子規の町/松本隆吉

広島や市電に牡蠣の桶持ちて/星野立子

木の枠であつて市電の冬の蝿/杉野一博

横浜の青き市電にものわすれ/渡辺白泉

打水を車体に受けて市電走る/右城暮石

致命祭市電ゆつくり坂くだる/成田淑美

草いろの市電のむかし雲の峯/友岡子郷

蠢蠢と市電近づくのどけしよ/八條凜子

市電すでに日盛りの音人形店/川端青踏

俳句例:21句目~

みずいろの舌もつ夏川市電スト/寺田京子

乗りてすぐ市電燈ともす秋の暮/鷹羽狩行

人の家辞し市電の隅にこの冬日/香西照雄

卒業の歌詞を市電の中にうたふ/岩崎照子

台風去る市電市バスが動き出し/茨木和生

梨売りの頬照らし過ぐ市電の燈/沢木欣一

市電の中を風ぬけ葵まつり過ぐ/鈴木鷹夫

西明るし市電ひたすら雷雨衝く/右城暮石

視外の顔暑くねむたき市電の座/石塚友二

われ咳きて市電夜の濠端を過ぐ/榎本冬一郎

多喜二忌の市電に走り追ひつくも/本多静江

涸れし川わたる市電の音をたて/小路智壽子

ゆらゆらと市電に蝶がぶつかりそう/川口重美

ビルの日曜黄落はげしく市電過ぐ/河野多希女

労働祭市電あふるゝにまかせたり/米沢吾亦紅

火の粉とぶ火事に市電の珠数つなぎ/右城暮石

車掌のうしろ見えては雨の市電過ぐ/野澤節子

工場の疲れ市電に充ちてシャボン臭/林田紀音夫

市電争議などあり団扇置く日かな/長谷川かな女

閑な市電尻ふり早春の運河沿いに/赤城さかえ句集

タイトルとURLをコピーしました