燃え立つを使用した俳句

燃え立つに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

燃え立つを含む俳句例

積藁の夜半に燃えたつ冬田かな/六花

燃え立ちて竃火親し秋の暮/松村蒼石

焙りゐしの燃えたつ春の果/宮武寒々

山火今追慕の火色燃え立たす/稲畑汀子

川下の仕掛燃えたち夏の雨/大場白水郎

紅梅の燃えたつてをり風の中/松本たかし

航跡にざうと燃えたつ夜光虫/小原菁々子

荒磯の風に燃え立つカンナの緋/西村美枝

まじり居て燃え立つ松の蚊遣哉/会津八一

もう暮れる火の燃え立つなり/種田山頭火

蛇いちご口に含めば燃え立たむ/三森鉄治

迎火や燃え立つ程にかしこまる/藤野古白

雨雲に又燃え立ちぬ山躑躅/長谷川かな女

古頭巾裏は燃え立つ緋羅紗かな/高浜虚子

噴煙の湧けば燃えたつ海紅豆/福田甲子雄

音たてゝ燃えたつ蝋のさむさかな/上村占

大勢で来て夜光虫燃えたたす/島田たみ子

寝ころべば空に燃え立つ彼岸花/大西土水

水のような空へ燃えたつ仲間たち/穴井太

燃え立ちて皃はづかしき蚊やりかな/蕪村

俳句例:21句目~

睡蓮の紅の燃えたつ憶えかな/加藤知世子

ななかまど燃えたつ赤や志功の忌/井上久枝

ひかる霧氷丹波蛇窯の燃えたてり/白井眞貫

初かまど燃え立つ家人起き起くる/岩木躑躅

塔見えて躑躅燃えたつ山路かな/阿波野青畝

海女の来て直ぐに燃えたつ磯竃/石田ゆき緒

阿修羅像胸に紅葉の燃え立てり/大竹多可志

楓の芽燃えたつ妻よ男の子生め/岡部六弥太

芝踏むやそこに紅葉燃え立ちぬ/長谷川かな女

家揺る南風触れても妻は燃えたゝず/小林康治

天地占め燃え立つゴツホの向日葵群/山本馬句

サルビアの燃え立つに蝶素通りす/桔梗田田鶴子

サルビアを燃え立たせ居てサガン読む/伊藤敬子

背をのして風に燃えたつチユーリツプ/石原八束

あらぬ方に芒燃え立つささ鳴いて/飛鳥田れい無公

焚火ごうごう燃え立ちて人らだまりたり/荻原井泉水

燃え立つて貌はづかしき蚊やりかな/蕪村「連句会草稿」

白れんげ燃えたつ昼をひとり鬼日向の芝にうしろ向きおり/馬場あき子

タイトルとURLをコピーしました