身辺を使用した俳句

身辺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

身辺を含む俳句例

身辺に生死相つぐ更衣/吉井莫生

身辺に母がちらちらして涼し/耕二

夜の雷身辺に師の封書おく/桂信子

秋風や身辺諷詠味気なし/西本一都

身辺の消息として虫名残/後藤夜半

身辺に加はる青さ網戸出す/児玉輝代

無花果を食ふ身辺を風急ぐ/右城暮石

身辺にものの少き大暑かな/高野素十

籐椅子を愛し身辺の句を愛す/安住敦

秋立つや身辺雑事常ながら/谷川虚泉

秋風は身辺にはた遠き木に/富安風生

忌を修し身辺の秋深めけり/川村紫陽

恋猫とゐて身辺を乱さるる/赤尾恵以

身辺に新盆二三夜の風樹/猿橋統流子

歎異鈔身辺に秋深むかな/冨田みのる

身辺の一日の反古蝶となれ/鷹羽狩行

身辺に禍なく見つむ冬夕焼/西田飄石

夏籠りの身辺白き花充たす/つじ加代子

復活祭身辺まれにまことあり/井沢正江

急がねば身辺いよよ冬ざるる/倉田紘文

俳句例:21句目~

切山椒身辺をさめつくしけり/向笠和子

花の雨熱きものいま身辺りに/加古宗也

花火の音身辺朝より乾きをり/桜井博道

行年や身辺の書をかたづけて/湯浅典男

身辺に必死の蟻のふえてをり/中嶋秀子

あたたかや水の匂ひを身辺に/福永耕二

いつの日に身辺整理歳またゆく/及川貞

身辺紅きものばかり日記買ふ/鈴木有紗

冴え返る身辺白し黒を着て/殿村菟絲子

身辺や鶺鴒あまた生れしのみ/下村槐太

水温む身辺りの冷えきはまるに/小林康治

秋の風旅は身辺にもの殖ゆる/米沢吾亦紅

身辺に割けざる柘榴置きて愛づ/山口誓子

火蛾打つて男身辺に白髪散る/加藤知世子

身辺も煙突もまた梅雨に入る/加倉井秋を

身辺や年暮れんとす些事大事/松本たかし

書を積んで落着く身辺我鬼忌来る/奈良文夫

かげろふを踏み身辺に死つぎつぎ/石原舟月

羽づくろふ鶴の身辺日ざしあり/竹中碧水史

身辺に数珠ある日々や花いまだ/猿橋統流子

俳句例:41句目~

衣更へて身辺の句のほか詠まず/安住敦「柿の木坂雑唱」

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました