浮雲を使用した俳句

浮雲に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

浮雲を含む俳句例

象潟の厩浮雲かき氷/斉藤夏風

出代や人浮雲の二日月/横井也有

浮き雲を貫く構へ鷹柱/吉田花宰相

浮雲の夜も真白に菊月夜/福田蓼汀

浮雲の影が通りて眠る山/稲畑汀子

浮雲は中也の帽子春の丘/坪内稔典

元旦の浮雲もなく疲れゐる/宮武寒々

冬麗の浮雲一つ野の句碑に/河野扶美

浮雲の辺に紛れたり春の雁/西村和子

夕焼に加はりさうな浮雲も/稲畑汀子

浮雲になるべく咲ける山桜/上野一孝

浮雲に尾てい骨あり初笑ひ/田中哲也

浮雲も浮葉も幼な仏生会/櫛原希伊子

亡き母の乗る浮雲と野に遊ぶ/山田弘子

浮雲のごと新米を炊きあげし/藤岡筑邨

四迷忌や夕浮雲の移りをり/秋元不死男

牡丹の浮雲つつむごとつつむ/古舘曹人

寒夕焼さめつつ浮雲相寄らず/福田蓼汀

春の浮雲馬は埠頭に首たれて/佐藤鬼房

浮雲いつかなし雪嶺は墓標群/福田蓼汀

俳句例:21句目~

浮雲や蜆舟など出てをりし/今井杏太郎

浮雲の五月喜憂をこもごもに/岡野由次

浮雲をしばしとどめて芽吹山/宮武章之

浮雲無影微水も澄みて雪解跡/香西照雄

夜も白き浮き雲ひとつ雛流す/石川サト子

浮雲といふは春めくさまのもの/中村芳子

浮雲の陽を含むほど辛夷の芽/根岸たけを

浮雲やわびすけの花咲いてゐし/渡邊水巴

年の市浮雲月をかくしけり/久保田万太郎

浮雲光り春徂く月の澄みまさる/原田種茅

啼く郭公浮雲の洞に棲みをらむ/原田種茅

目をあぐるたびの浮雲冬帽子/鷲谷七菜子

芽木の空浮雲一つゆるしけり/鈴木真砂女

萩刈つて夕浮雲のちらばりし/加藤三七子

浮き雲をつれて集まる血止め草/津沢マサ子

浮雲に見ゆる暑さやながし吹く/大場白水郎

浮雲の影あまた過ぎ木瓜ひらく/水原秋櫻子

火事空を月の浮雲の流れ出たり/径原田種茅

祭りの蛇口ひらきっぱなしの浮雲/松本恭子

浮雲に秋の来てをり見てゐたり/斎藤優二郎

俳句例:41句目~

油ぎる空の浮雲ぞ明けやすき/飛鳥田れい無公

「仏の座」を使用した俳句

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました