童顔を使用した俳句

童顔に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

童顔を含む俳句例

羅の頭巾や老の童顔/正岡子規

童顔の残る遍路と道連に/森白象

鬼の面とれば童顔薪能/塩川雄三

放蕩の果ての童顔稲雀/松本文子

夜蛙や遺影童顔首かしげ/細川加賀

天高し騎手童顔の大画面/対馬康子

童顔のままの髭面夏つばめ/並河洋

童顔の警官五月の街に立つ/谷和子

童顔の故人も来よや菊根分/上村占

童顔の教師なりけり黍嵐/星野麦丘人

童顔の兵士の像や青すすき/古江要子

童顔の桃むきて指うつくしき/及川貞

林檎むく童顔残る子は母に/山田和子

柚子抛りくれし童顔日の当る/石寒太

疲れても持する童顔返り花/香西照雄

白玉享ける石の童顔緑の星/成田千空

童顔のままに育ちて今年竹/浦野芙美

童顔の白泉は亡し豆の花/上田五千石

童顔の萩のうねりに跼みゐし/上村占

豊年や母に童顔失なはず/菊池シユン

俳句例:21句目~

青萩の童顔をさめ牧夫たり/宮坂静生

馬鹿貝を下げし童顔雨にあふ/石寒太

髪詰めて童顔もどる五月妻/高澤良一

童顔の兄の忌二月ぼんやりす/栗林千津

夕桜老いていよいよ童顔に/小山かつみ

大瑠璃の谿童顔をためらへり/飯島晴子

童顔となりゆく夫や草の花/高柳とよ子

童顔の駅長燕来る日を知れり/福田蓼汀

童顔や春の日影を浴びながら/角田竹冷

菖蒲酒童顔羞づることなかれ/大石悦子

遠花火童顔大人はもう寝たか/山口草堂

騎射の射手の童顔なりしかな/野間泰子

怒り上戸に童顔こめて雛作り/加藤知世子

手花火や童顔まぎれなき夫婦/秋沢和加子

はらからに残る童顔むかご飯/柳原佳世子

ひるがほや童顔似たる野の佛/小澤満佐子

笑めばかほど童顔の君に秋晴るゝ/久米正雄

童顔は春のあかるさ鴎子の忌/阿部みどり女

童顔をたたへられ摘む三月菜/長谷川かな女

童顔の永久にあはれや茅舎の忌/松本たかし

タイトルとURLをコピーしました