波光を使用した俳句

波光に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

波光を含む俳句例

光る時光は波に花芒/稲畑汀子

飛の翼の光り波を切る/高濱年尾

簗の簀の光琳波に落鰻/新村寒花

上瀞は波の光りて船遊び/鷹羽狩行

光る時ひかりは波に花芒/稲畑汀子

山笑ふ野はさざ波の光満ち/手塚順

遠足に今年の白き波光る/齋藤愼爾

横笛のごと波光り螢籠/田川飛旅子

鯊釣るや光琳波に湖凪いで/高井北杜

春光やさゞ波のごと茶畑あり/森田峠

光撥ねつつ春の波躍り寄せ/西村和子

冬桜波のひかりと光りあひ/正円青灯

釣山女光る瀬波に戻しけり/松田/聖

寒梅や光琳波を寄せ付けず/安東次男

岩一つ一つに初夏の波光る/岸田竹女

引鴨や光も波もこまやかに/津田清子

貝寄風の波光り合ふ石廊崎/古市枯声

光るもの波となり来し初明り/稲畑汀子

渦潮の波光むらだつ天の澄み/石原八束

春光を砕きては波かゞやかに/稲畑汀子

俳句例:21句目~

雨光りパパイヤ青き残波岬/鳥越憲三郎

波光るとき鴨いづこ鳰いづこ/稲畑汀子

胸の波砕けて夜光虫より光る/大木志峰

若芦に来て浦波の光りけり/菅井たみよ

鴨がひく波光櫟の幹にさす/川島彷徨子

沼波の光りを消さず時雨来し/石井とし夫

春光も波もとどまつてはをらず/竹下陶子

波の穂も若布刈の棹も光るなり/宮下翠舟

波光るその一つより鯊釣れて/大竹きみ江

荒磯しぶく波秋光を撒きにけり/中川久子

春めくや波は光を巻きこみて/飯尾婦美代

貯炭場に花のながるる波の光ゲ/石原八束

岩かげの波折れ光ひきすみれ草/石原舟月

千波湖の梅の香越しに光りけり/飯野吉男

阿蘇噴くとむらだつ烟の凍波光/石原八束

春光の波が引摺るほんだはら/阿部ひろし

波の穂はさうびの闇に来て光る/岸風三楼

霙れそむ波の穂光ゲの夜に消ゆる/石原八束

風だちて落花の光る波上かな/飛鳥田れい無公

ギブアツプ/いやいや波の穂が光る/大平/愛

俳句例:41句目~

九十九里の波の遠鳴り日の光青葉の村を一人来にけり/伊藤左千夫

俳句作品例
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました