はらわたを使用した俳句

はらわたに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

はらわたを含む俳句例

腸に春滴るや粥の味/夏目漱石

舌鼓はらわた鼓打ち年酒/高澤良一

腸の先づ古び行く揚雲雀/永田耕衣

白の其はらわたも猶白し/正岡子規

鵙の声切りし臓にもひびく/辻田克巳

鯛焼のはらわた黒し夜の河/吉田汀史

はらわたに七草残る佛とも/青木重行

はらわたに昼顔ひらく故郷かな/橋石

行春ののはらわた腐りけり/正岡子規

はらわたに通りて赤し蕃椒/正岡子規

はらわたに響く海鳴り冬確か/有働亨

良性の雲のはらわた春の月/高澤良一

白のはらわた冥く泳ぐなり/根岸善雄

はらわたの古び験すや薺粥/高橋睦郎

腸が古びん昼の雪ちらちら/高澤良一

鰯雲はらわた弱く生れにけり/杉山羽州

餘の生命はらわたで啼く油蝉/田口一穂

郭公やはらわたはぢて隠れ人/河野静雲

はらわたの黒きサョリを吸物に/穴井太

はらわたもなくて淋しや蕃椒/正岡子規

俳句例:21句目~

磐梯の七月はらわた軽かりき/寺田京子

嶽兎貂にはらわたぬかれけり/西本一都

麦秋となるはらわたも階段も/安井浩司

はらわたの熱きを恃み鳥渡る/宮坂静生

噴水にはらわたの無き明るさよ/橋間石

はらわたの紆余曲折を年の酒/中原道夫

はらわたの長くて蓮根掘る人/鳴戸奈菜

はらわたの冬枯れてたゞ發句哉/正岡子規

はらわたのこんなところに蝮草/青木章子

はらわたのなきが涼しき紙の鶴/鈴木紀子

はらわたの些か甘き目刺かな/池上浩山人

はらわたの動く音聞く夜長かな/田中裕敏

はらわたの確と座りし日向ぼこ/勝山律子

はらわたの鳴る音怖れ暑気中り/山田米雄

俳諧のはらわた見せる紙衣かな/正岡子規

はらわたも涼しき月の首途かな/青木重行

はらわたをしぼる吟なし蕨餅/上田五千石

薫風をはらわたに入れ癒さむか/青木重行

大ものは大きはらわた鰍割く/金箱戈止夫

大仏にはらわたのなき涼しさよ/正岡子規

俳句例:41句目~

干鮎にはらわたのなき寒さかな/水内鬼灯

熟柿といふはらわたの如きもの/栗原憲司

白神のいのちの清水はらわたに/成田千空

花の昼はらわた懈くねまるなり/佐藤国夫

の吐くはらわた重き残暑かな/立本美知代

ゼンマイは椅子のはらわた黴の宿/山口青邨

昼顔や木偶にはらわたなかりける/斎藤梅子

瀧湧くや秋のはらわたちきれけん/正岡子規

元日のはらわたゆたかありがたし/河野静雲

やわらかき竹生え鬱蒼たるはらわた/穴井太

みちのくの鬼のはらわた大夕焼/渡辺誠一郎

はらわたに花火の音のなつかしき/京極杞陽

はらわたの上に手を置き暑気中り/大石暁座

はらわたのありてめでたき白かな/岡田耿陽

ゆきうさぎ雪のはらわた蔵したる/中原道夫

落鮎のはらわたを抜く美人かな/吉崎不二夫

はらわたは母に供へて秋刀食ふ/古賀まり子

はらわたにひやつく木曽の清水哉/正岡子規

はらわたになると言はれて土用餅/木下碧露

市中にはらわたを煮る露の日々/田川飛旅子

俳句例:61句目~

はらわたがへの字に曲がる秋の暮/安藤涼二

かろやかなはらわたならん水馬/亀田虎童子

糸遊にいまはらわたを出しつくす/安井浩司

はらわたもひやつく木曽の清水かな/正岡子規

箪笥からはみだす姉のはらわたも春/西川徹郎

はらわたの煮ゆる暑さの暮れのこる/浜崎敬治

耕せば土にめがありはらわたあり/奥山甲子男

はらわたの有り合はせにて立夏まで/松本康司

はらわたのぬくもるまでの焚火かな/前田六霞

木を割くや木にはらわたといふはなき/日野草城

球磨の鮎はらわたまでも錆びしかな/有働木母寺

はらわたに沁み逃げられぬ木瓜の紅/殿村菟絲子

はらわたにしみる汽笛が港の空のいろ/本岡八十八

月の夜を帰り来て食う秋の濡るるはらわたこんこんと昏し/宮原勉

野に山に桔梗の花咲きいでぬはらわた寒きわれを知らゆな/石川不二子

北海の冷えし海鼠のはらわたを買ひて提げたり黒衣まとひつ/倉地与年子

タイトルとURLをコピーしました