百疊を使用した俳句

百疊に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

百疊を含む俳句例

百畳の寺千畳の鰯雲/吉内健

百畳に善男善女十夜講/高澤良一

百畳の巌を滴る蝉の声/加藤耕子

百畳の本堂抜ける青嵐/高橋利子

凧日和百畳の凧天に在り/竹内瑞芽

初七日の百畳敷の寒さかな/河合順

天井も百畳青葉木菟近し/穴澤篤子

寺の子の遊ぶ百畳額の花/山田弘子

本堂の百畳わたる蓮の風/大熊輝一

百畳に善男善女遍路宿/武内婦美子

百畳の畳波打つ極暑かな/橋本榮治

百畳の通し障子よ囀れり/荒井正隆

遊行寺の畳百畳替へて夏/守屋典子

鳥交る四百畳の禅の寺/上川みゆき

大寺に百畳敷けり朴落葉/石田あき子

寺継ぎし子に百畳の風光る/肥田葉子

百畳に松の枝這はす涼しさよ/杉本寛

百畳を拭く学僧の秋思かな/那須淳男

百畳を見渡してをり秋彼岸/斎藤梅子

開け放つ方丈百畳秋の声/大西フサ子

俳句例:21句目~

雑寝して踊り疲れの百畳敷/稲垣光子

一つ火を待つ百畳の冷え膝に/鈴木貞雄

松阪城址棚百畳の藤は実に/西田嘉代子

百畳に人まばらなる十夜かな/中山隆弘

百畳の写経に火鉢なかりけり/福井重子

百畳の藺草の匂ふ歌かるた/田中とし子

百畳敷まづ秋蝉の入り来たり/松井恭子

達磨忌の百畳昏くなりにけり/河北斜陽

藤垂れて百畳の間をつくりけり/水田光雄

百畳の爽気に祝ぎの灯となれり/元吉竹瓶子

百畳に波打つごとく曝書かな/小島和子「百鳥俳句選集」

タイトルとURLをコピーしました